最新ニュース

AIアシスタントとは何ができる?仕組みや種類、メリットや利用時の注意点、最適な役立て方を解説!

2023.12.27

日常生活やビジネスなどの利便性を向上してくれるAI技術の1つに「AIアシスタント」があります。

AIアシスタントは、さまざまな場所に普及していますが、具体的にどのようなものか理解していない方は少なくありません。

今回は、AIアシスタントのできることや仕組み、種類やメリット、注意点について解説します。

AIアシスタントとは?

AIアシスタントとは、ユーザーの音声を認識してその音声に応じて対応するAIプログラムのことです。

主に、「今日の天気を教えて」「目的地まで案内して」「〇〇さんに電話をかけて」などの音声による質問や要望に対して、AIが対応することができます。

そのため、AIアシスタントによってこれまで手動で行っていた操作を自動化させて快適な日常生活にすることが可能です。

さらに、顧客管理・スケジュール管理なども効率的に行っているので、ビジネス活用もされています。

AIアシスタントの仕組み

AIアシスタントは、AIの持つ以下のような技術を使って実現しています。

ユーザーの音声を「音声認識」によってテキストに変換し、その言語データを「自然言語処理」によってコマンドとして認識して分析・認識します。

そして、膨大な音声データを元に言葉のパターンや意味などをAIが学習する「機械学習」を行うことで、ユーザーの音声に対応できる仕組みが完成します。

さらに、「機械学習」によって、AIアシスタントは使われるごとにユーザーの音声をより高い精度で認識することが可能です。

AIアシスタントの種類

AIアシスタントは、すでに世の中の多くの場面で活用されており、さまざまな種類のAIアシスタントが誕生しています。

そんなAIアシスタントには、具体的にどのような種類があるのか気になる方も多いです。

ここでは、AIアシスタントの種類を主に4つ紹介します。

会話型AI

会話型AIとは、会話を楽しむためのAIアシスタントのことです。

AIアシスタントは、主に日常生活の家事やビジネスシーンでの業務をアシストしてくれるケースが多いですが、他にも単純に会話をすることが目的のものまであります。

スマホアプリでAIが搭載されたキャラクターを生成し、1人でもAIと自然な会話を楽しむことができるので、子どもや高齢者の話し相手として活用できます。

さらに、英会話などを学習したい場合もネイティブな英会話を実現させることが可能です。

チャットボット

チャットボットとは、人間の音声やテキストに応じて対応してくれるので、企業の問い合わせ対応やカスタマーサポート、ヘルプデスクなどで利用されています。

主に、指定のテンプレートメッセージを使って音声やテキストに応じるチャットボットと、音声やテキストに応じて自動で対応内容を判断するチャットボットの2種類があります。

チャットボットは、これまでのデータを蓄積・分析することで、業務効率化・コスト削減・顧客満足度向上などが期待できるので、ビジネスで多く活用されることが多いです。

車載アシスタント

車載アシスタントとは、安全運転やルート案内など運転を支援するAIアシスタントのことです。

目的地までの安全で最適な道のりを案内してくれたり、安全運転に必要な車間距離や道路標識の表示などをしてくれるので、快適に運転できるようになります。

現在、自動車業界は電気事業者や自動運転などの研究が盛んに行われているので、車載アシスタントを搭載した自動車の開発も進んでいる状況です。

スマートデバイス

スマートデバイスとは、主にスマートフォンやタブレットのことです。

スマートフォンやタブレットには、「Siri」「Googleアシスタント」「Alexa」などのAIが搭載されているので、さまざまな操作を音声で行えます。

さらに、他の電子機器や家電製品と連携することで、幅広く活用することができます。

以上のようなAIアシスタントは、多くの方が日常的に使っているので、今後もさらに普及・発展が進んでいくことでしょう。

AIアシスタントのメリット

AIアシスタントを活用することで、業務効率化や安全運転・家事の効率化・自動化などさまざまなメリットがあります。

そんなAIアシスタントには、具体的にどのようなメリットがあるのか気になる方も多いです。

ここでは、AIアシスタントのメリットについて解説します。

インターネットユーザーが増加する

インターネットを使うためには、PCやスマートフォンなどのデバイスが必要不可欠です。

それらのデバイスは全て手を使わなければ操作することができなかったので、手が使えない方や字が読めない方にとってはとても不便なものでした。

しかし、AIアシスタントによって手が使えない方や字が読めない方でも音声のみでデバイスが使えるようになりました。

そのため、インターネットを利用しやすくなり、ユーザーの増加も見込めます。

作業の自動化になる

これまで人々が手動で行っていたさまざまな作業は、AIアシスタントによって自動化できます。

実際に、企業や店舗の顧客対応や勤怠管理や記録管理などの単純作業は、ほとんどチャットボットなどに代替することが可能です。

さらに、日常生活で欠かせない家事やニュース確認なども全てAIアシスタントによって自動化されつつあります。

そのため、1日で確保できる時間も大幅に拡大しました。

コスト削減になる

AIアシスタントによって、さまざまな作業を自動化させることで、コスト削減にもなります。

主に、これまで作業に必要だった人件費や時間、水道光熱費などのコストは大幅に削減することができ、企業の利益率は大幅に向上させることが可能です。

さらに、日本ではさまざまな産業・業界で人材不足が深刻化しているので、その課題解決にも大きく貢献します。

AIアシスタントの注意点

さまざまなメリットのあるAIアシスタントには、いくつか注意点も存在しています。

そのため、AIアシスタントを利用する場合は、しっかりと注意点も理解しておくことが大切です。

ここでは、AIアシスタントの注意点について解説します。

使用する目的を明確にする

AIアシスタントの使用する目的は明確にしておきましょう。

例えば、「顧客対応やカスタマーセンターで使う」などの目的を明確にしておくことで、より高い効果を期待できます。

また、チャットボットなどのAIアシスタントを導入することによって得られる効果やメリット、削減できるコストなどをしっかりと考慮することが大切です。

漠然として目的で使用してしまうと、管理コストでかえってマイナスになる可能性があります。

音声認識の精度を確認する

AI技術は、日々進歩し続けており、年々精度が高くなっていますが、それでも音声精度は完全ではありません。

例えば、滑舌の悪い場合や方言を使っている場合などは、十分に認識されない場合が多いです。

さらに、十分に音声認識をしてくれないAIアシスタントであれば、最終的に自分で作業しなければいけない場合もあるので、十分に注意しましょう。

セキュリティ対策をする

AIアシスタントは、音声によって作業を自動化してくれるので、操作内容を周囲の人に聞かれてしまうケースがあります。

そのため、あまり人に聞かれたくない場合は公共の場や職場などでの利用を控えるなどの対策が必要です。

また、AIは常にインターネットに接続された状態にあるので、インターネットからのサイバー攻撃やウイルス感染などにも注意が必要になります。

AIアシスタントにできること

多くのメリットがあり、人々の生活を豊かにしてくれるAIアシスタントには、具体的にどのようなことができるのか気になります。

AIアシスタントにできることを理解しておくことで、より幅広い活用が可能です。

ここでは、AIアシスタントにできることについて解説します。

業務効率化・自動化

AIアシスタントは、業務効率化・自動化に優れています。

チャットボットを活用した顧客対応・勤怠管理・売上管理などの業務からデータ蓄積・分析まで幅広く行えるので、企業にとってはとても効果的です。

さらに、家事を自動化することで、仕事に使える時間も増やすことができるので、仕事と家事の両立が難しい方にもおすすめになります。

ニュースや音楽などを聞く

スマートフォンやタブレットに搭載されている「Siri」「Googleアシスタント」などのAIアシスタントは、音声のみでほとんどの操作が可能です。

そのため、「ニュースや音楽を聞きたい」「動画サイト、スケジュールアプリを使いたい」などの要望を音声で伝えることで、自動で起動してくれます。

以上のような機能は、AIアシスタント単体で機能しているので、AIアシスタントデバイスや機器を購入すればすぐに利用できます。

家電製品との連携

「Alexa」などのAIアシスタントでは、家電製品と連携することで、さまざまな家事や作業を自動化してくれます。

例えば、「電気を付ける・消す」「テレビを付ける・消す」「カーテンを閉める・開ける」「ドアの施錠をする」などの作業が全て音声のみで可能です。

そのため、ケガや病気で自由に動けない人や限られた時間しかない方には、とても効果的な機能になります。

AIアシスタントの活用事例

さまざまな分野に普及しているAIアシスタントは、実際に多くの分野で活用されています。

これからAIアシスタントの活用を考えている場合は、AIアシスタントの活用事例を参考にしてみることをおすすめします。

ここでは、AIアシスタントの活用事例を主に3つ紹介します。

店舗の接客業務

AIアシスタントの1つ目の活用事例は、店舗での接客業務です。

居酒屋やレストランなどのオーダーを従業員対応からAIアシスタントによる対応に変更することで、顧客を待たせることなく限られた時間で効率的に対応できます。

さらに、人件費の削減にも貢献するので、利益率や業務効率の向上や顧客満足度の維持・向上も可能です。

そのため、今後より多くの店舗でAIアシスタントによる顧客対応が普及していくことが予想されます。

店舗運営・管理

店舗運営・管理に必要な在庫管理・売上管理・シフト管理・発注管理などの業務にAIアシスタントが活用されています。

以上のような業務は、基本的に店舗オーナーや店長が手動で行っていましたが、AIアシスタントのデータ分析や情報収集によって効率化・自動化が可能です。

そのため、店舗の人件費や管理コストの削減に繋がっており、日本では「株式会社ファミリーマート」で導入されています。

企業の問い合わせ対応

企業の問い合わせ対応をチャットボットによって完全自動化しているケースがとても多くなりました。

実際に、企業へ問い合わせを行ったことのある方のほとんどがチャットボットによる対応を受けたことがあると思います。

チャットボットは、有人による対応と違い人件費をかけることなく24時間体制で顧客対応が可能です。

さらに、問い合わせ内容をデータとして蓄積・分析することで、より精度の高い対応や顧客満足度・業務効率向上に繋げられます。

まとめ

AIアシスタントは、日常生活のさまざまな作業からビジネスでの業務にまで幅広く普及しており、今後もさらに普及・発展が進んでいくことでしょう。

ただ、現状では聞き取れない音声があったりセキュリティに不安があるなどの問題点もあるので、利用する場合は注意が必要です。

これから、AIアシスタントの利用を考えている企業やAIアシスタントの理解を深めたいと考えている方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

生成AIパスポートとは?

生成AIパスポートはエンジニア職だけでなく一般の方向けの資格です。
生成AI業界における最前線を走っている有識者たちに監修された資格試験で、最先端の確実な知識や簡易的な活用スキルを身につけることができる認定試験・資格です。

試験を通じて、文章生成をすることができるChatGPTなど、AIを活用したコンテンツ生成の具体的な方法や事例に加え、企業のコンプライアンスに関わる個人情報保護、著作権侵害、商用利用可否といった注意点などを学ぶことができます。

生成AIの活用普及を目的とした、国内最大級の生成AI団体である、一般社団法人生成AI活用普及協会(GUGA)が発行する認定試験です。

詳細はこちら

生成AI
パスポート試験

生成AIパスポート試験のご案内はこちら

View More
入会のご案内

当協会の活動趣旨にご賛同いただける方

View More
お問い合わせ

当協会に関する質問やお問い合わせはこちら

View More