最新ニュース

AI効果(AI Effect)とは何?AIの技術が一般化される?わかりやすく解説!

2024.1.31
ai効果

現在では、さまざまな分野でAI技術が普及しており、日常生活では欠かせない重要な技術の1つとしてAIが存在しています。

そんなAI技術が普及することで、AI技術を当たり前のものだと感じてしまう現象に「AI効果(AI Effect)」があります。

今回は、AI効果(AI Effect)についてわかりやすく解説します。

AIとは?

ai効果

AIとは、「 Artificial Intelligence」という言葉の略称で、人工的に開発された人間の脳と同じ仕組みで同じ思考ができる知能のことです。

これまでコンピュータは、プログラムによって命令することでその命令動作を実現するという仕組みでした。

AIは、機械学習という手法によってAIが自動的に与えられたデータを学習して、最適な答えを導き出すことで動作する仕組みです。

そのため、機械学習を何度も行うほど、AIの学習精度は向上し、より高い精度で結果を導き出すことができます。

このAI技術は、現在、iPhoneの「Siri」やAmazonの「Alexa」、Googleの「Googleアシスタント」など、日常生活のさまざまな場面で普及している状況です。

AI効果(AI Effect)とは?

ai効果

AI効果(AI Effect)とは、AI技術が日常生活に普及して当たり前の技術の1つとして使用されることで、「AI」という言葉が使われなくなる現象のことです。

現在では、さまざまな分野で「AI技術を活用した〇〇」といった強調された言葉として認識されており、高い注目を集めています。

しかし、1部ではiPhoneの「Siri」やGoogle翻訳などのようにAIとしてではなくただの機能として扱われているAIも多いです。

そのため、今後もAIが浸透して一般化していくことで「AI」という言葉が薄れていき特別感などはなくなっていくことが予想されています。

これはAIに限らず、新しく誕生した技術全てに起きうる減少の1つです。

AI効果による影響

ai効果

ChatGPTなどの生成AIなどAI技術を活用したサービスの普及が進むことで、教育者がAIになっていくことも予想されています。

さらに、人間が作成したコンテンツが減少して、AIが作成したコンテンツが増加していくことで、日常で触れる教材や書籍などのほとんどがAIが生成したものになる可能性があります。

実際に、ChatGPTがリリースされて以降は、インターネット上に大量のAI生成作品が投稿されている状態です。

現在では、人間が作成したコンテンツも大量にある状態ですが、将来的にはAI生成のコンテンツの方が多くなってしまうことも予想されます。

ただ、AI生成のコンテンツの割合が高くなってしまうと、それ以降の生成AIはAIのコンテンツを参考にしてしまうようになるので、AIの成長が見込めなくなってしまいます。

そのため、AI効果によってAIの成長を止めてしまうようなデメリットには、十分に対策を行うことが必要と考えられています。

AI効果の原因

AI効果は、AI技術が社会に浸透していき、日常生活の中で当たり前の技術として使用されていくことで起きる減少です。

そんなAI効果は、具体的にどのようなことが原因で起きてしまうのか気になります。

ここでは、AI効果の原因について解説します。

AI技術の普及

AI技術の普及は、AI効果の原因の1つです。

AI技術が普及したことで、日常生活にAI技術があることは一般化しました。

AIが誕生したばかりの頃は、新鮮さや特殊さで注目されていましたが、現在では日常生活の1部として浸透している状態です。

AIが普及していくにつれてAI技術の新鮮さや特殊さが薄れていき、AI効果が起きてしまいす。

AI技術の統合による影響

AI技術は、日々研究・開発が進んでおり、現在ではさまざまな分野で活用されています。

そして今後新たに技術が発展していくことで、AI技術はその技術と統合されていくことがあります。

例えば、家電にITを搭載したスマート家電や自動運転車などが挙げられます。

AIが他の技術と統合されることで「スマート家電」や「自動運転」などと呼ばれるようになり、AIという言葉はあまり使われなくなります。

その結果、AI効果が起きてしまうのです。

言葉や認識の変化

AIという言葉や認識は、AIの進歩とともに変化していきます。

これはAIに限った話ではなく新しい技術が登場した時全てに当てはまります。

AIが発展していくことで、これまで使われていたAIよりも具体的な言葉や用語が使われるようになります。

実際に「ディープラーニング」や「画像認識モデル」という用語で呼ばれているAI技術も多いです。

AIという技術は存在しているけれど、言葉が変わり日常生活に浸透していくこと当たり前の存在になっていきます。

AI効果の具体的な事例

ai効果

AI効果が起きる具体的な原因について理解しましたが、そんなAI効果にはどのような事例があるのでしょうか。

これからAI効果を理解していく上で、しっかりと事例を理解しておくことは重要なことなので、しっかりと理解しておくことが大切です。

ここでは、AI効果の具体的な事例について解説します。

機械翻訳

ai効果

機械翻訳はAI効果の具体的な事例の1つです。

機械翻訳が登場した当初は、AI技術を活用した翻訳機能として高い注目を集めていました。

しかし、機械翻訳サービスが当たり前の存在として日常生活に浸透したことで、AIの存在はあまり意識されなくなりました。

実際に「Google翻訳」などの翻訳技術にはAIが搭載されていますが、AI技術の1つとして捉えてるユーザーは減少しています。

音声アシスタント

ai効果

音声アシスタントの代表的なものには「Siri」「Googleアシスタント」が挙げられます。

以上の音声アシスタントは、AI技術によって実現している技術になりますが、現在では当たり前の存在です。

さらに、スマートスピーカーやスマート家電などの誕生により、より一層日常生活に溶け込みました。

その結果、多くの音声アシスタントにAI技術を意識するユーザーが減少しました。

レコメンド

レコメンドとは、ユーザーに最適なコンテンツや商品をおすすめする仕組みのことです。

この仕組みもAI技術を用いて実現している仕組みですが、現在ではインターネットを利用する上で当たり前の仕組みになっています。

実際に、Amazonで買い物をする場合やNetflixでドラマを探す場合もおすすめが表示されます。

このレコメンドは当初高い注目を集めましたが、現在では当たり前の技術の1つです。

AIが抱えている課題・欠点

ai効果

現在、AI技術は日常生活のさまざまな場面に普及しており、当たり前の技術として認識されています。

ただ、そんなAIにはまだ解決できていない課題・欠点が数多く存在しているので、完全な技術としては扱われていません。

ここでは、AIが抱えている課題・欠点について解説します。

責任の所在が不明確

AI技術を活用した業務などでは、責任の所在が不明確になるリスクがあります。

例えば、AIが搭載されたロボットや自動車が事故を起こしてしまった場合、その事故の責任は誰にあるのか明確にできません。

現時点では、以上のような問題を解決させられる法整備も整っていない状態にあるので、AI活用によって起きた問題をスムーズに解決させることが困難です。

そのため、AIを活用していく上で解決させていかなければいけない課題の1つです。

ブラックボックス化

ブラックボックス化とは、AIが導き出した結果がどのようなプロセスで導き出されたのかわからない状態のことです。

正しい結果を出すことができても、それまでのプロセスがわからなければ、AIを活用する上で効果的に改善や分析を行うことができません。

現在では、このブラックボックス化を解決させることが難しい状態にあるので、今後解決させていかなければいけない問題です。

セキュリティリスクがある

AIには、セキュリティリスクもあります。

主に、AIは膨大なデータを取り扱うことでデータを学習し、さまざまな分野で活用することが可能です。

そのため、データを活用する際に重要な個人情報などが不正アクセスなどによって情報漏洩してしまうリスクもあります。

このセキュリティリスクを対策するためには、しっかりとAIやデータサイエンスに関する専門家に担当させるなどが効果的です。

コストが高い

AIの導入や運用には、多くのコストが必要です。

主にAIを開発するために必要な費用に加えて知識のあるAI人材の確保・育成にかかるコストもかかります。

さらに、セキュリティ対策やデータの取り扱いに関する知識や費用も必要になってくるので、AIで高い効果を得るためにはその分多くのコストが発生することを理解することが大切です。

そのため、現時点では全ての分野でAI活用を実現することはできていません。

リスク管理が難しい

AIは、リスク管理が難しいという課題もあります。

万が一、AIにトラブルが発生してしまった場合、これまで行われていた全てのプロセスが中断して、原因究明を進める必要があります。

さらに、AIによって発生したトラブルが解決されるまでは、これまでAIによって行われていた業務が止まってしまいます。

そのため、しっかりと以上のようなリスク管理を徹底して行うことが大切です。

AIの将来性

ai効果

AIの研究・開発は急速に進められており、年々さまざまな技術が誕生しています。

現在では、IT業界に限らず医療や農業、製造など幅広い産業で、AI技術を活用した技術やサービスの開発が進められている状況です。

そのため、今後AIが普及していくことでAI技術はスマートフォンのように当たり前の存在になっていくことでしょう。

ただ、それに伴うさまざまな課題やトラブルも発生する可能性があるので、AIに対応した法整備やルール、制度なども進められることが予想されています。

まとめ

AI技術はまだ完全なものではなく、多くの課題・欠点を抱えている状態なので、社会全体でAI効果が起きる可能性はまだあまり高くありません。

しかし、日々AI技術は進歩しており、さまざまな分野で活用が進んでいる状態なので、今後はAI効果が起きる状況が増加していき、人々がAIを当然の技術だと認識していくことでしょう。

そのため、今後のAI研究・開発の動向に注目が集まります。

生成AIパスポートとは?

生成AIパスポートはエンジニア職だけでなく一般の方向けの資格です。

生成AI業界における最前線を走っている有識者たちに監修された資格試験で、最先端の確実な知識や簡易的な活用スキルを身につけることができる認定試験・資格です。

試験を通じて、文章生成をすることができるChatGPTなど、AIを活用したコンテンツ生成の具体的な方法や事例に加え、企業のコンプライアンスに関わる個人情報保護、著作権侵害、商用利用可否といった注意点などを学ぶことができます。

生成AIの活用普及を目的とした、国内最大級の生成AI団体である、一般社団法人生成AI活用普及協会(GUGA)が発行する認定試験です。

詳細はこちら

生成AI
パスポート試験

生成AIパスポート試験のご案内はこちら

View More
入会のご案内

当協会の活動趣旨にご賛同いただける方

View More
お問い合わせ

当協会に関する質問やお問い合わせはこちら

View More