最新ニュース

AI人材とは?具体的な職種や必要なスキル、需要ついて|IT人材との違いについても詳しく解説!

2024.1.31
ai人材

AIの需要は日に日に高まっており、もはやAIなしには成立しない時代になりつつあります。そんな中でAIを扱う人材、いわゆるAI人材の数は常に不足している状態です。

本記事ではAI人材を中心に、AI人材の具体的な職種や必要なスキルなど幅広くご紹介しています。

AI人材とは?

ai人材

AI人材とはどのような人材なのか、基本的な情報をご紹介していきます。

文字通りAIにかかわる人材

AI人材は、文字通りAIにかかわる人材を指します。AIだけでなく、機械学習なども手がけ、機械学習に欠かせないデータ解析などAIに関連する人材を総じてAI人材と称します。

AI人材は当然のことながらAIに関する知識だけでなく、開発に必要な技術なども持っていることが特徴的です。AI人材に期待されるのはAIを搭載しているロボットの開発やソフトウェア、AIに関連したアプリなどの運用やシステムの構築などです。

文系のAI人材もいる

ai人材

AI人材になれるのは理系だけとは限りません。文系でもAIの運用を行うほか、AIを活用したシステムの営業など様々な形で文系の方も携わるからです。

もちろんAIの開発となれば理系のプログラマーなどが活躍することになり、基本的には理系出身者が中心となって開発を行っています。ただ文系であってもAIと密接なところで仕事を行うことはできるのです。

AI人材とIT人材との違い

ai人材

AI人材と同じように使われる言葉にIT人材があります。ここではIT人材とは何か、AI人材との違いについてご紹介します。

そもそもIT人材とは

IT人材は情報技術関連で活躍する人材です。IT関連全般を指すため、例えば、システム管理やネットワーク関連の仕事などそのすべてが入ります。情報技術関連全般で従事するIT人材は慢性的な人手不足となっており、別名「2025年の崖」とも呼ばれている状況です。

2025年の崖は経済産業省がまとめたレポートにおける表現です。2025年においてIT人材不足が拡大するほか、2025年になるとシステム全体の見直しが必要とされる状況です。2025年から12兆円の損失が毎年生じるかもしれないと危機感を煽ったことが背景にあります。

AI人材はIT人材の一部

ai人材

AI人材はAI関連の人材であり、情報技術関連の中の一部分です。つまり、AI人材はIT人材の一部と言えます。IT人材が不足していることはAI人材の不足も十分に想定できるでしょう。また問題となっている「レガシーシステム」によってIT人材が無駄遣いされている問題もあります。

AI人材を自前で育てようにもなかなか集中できない現実もあるため、IT人材だけでなくAI人材をいかに確保していくかが求められる時代です。

AI人材に関する具体的な職種

ai人材

ここからはAI人材に関する具体的な職種についてご紹介していきます。

AIエンジニア

AIエンジニアはAIの開発などを行う存在であり、AI開発では絶対に必要な存在です。AIエンジニアがいないと作りようがないほか、ITエンジニアとは違うプログラミング言語を活用してAIの学習を行っていきます。

ITエンジニアも不足気味な中、AIエンジニアはさらに専門的な知識が求められる分、人材としての希少価値が高まっている状況と言えるでしょう。

データサイエンティスト

ai人材

データサイエンティストは、データ分析を行う中でデータの傾向をつかんで、企業が抱える問題や課題の解決につなげていく職種です。ビッグデータを始め、大量のデータの中から傾向をつかんでいくことが急務の中、AIの開発に必要なビッグデータの加工などを担います。

本来AIエンジニアが行うような仕事をデータサイエンティストが代わりに行うこともあり、AI開発にはなくてはならない存在と言えるでしょう。

デジタルストラテジスト

ai人材

デジタルストラテジストは、AIの利活用はもちろんのこと、デジタル関連の利活用において戦略を立てていく役割を担う職種です。デジタルを利活用して企業経営を考えていく仕事を行い、AIを始め、どのように利活用を目指し、経営に活かしていくかの戦略を立てます。

特にベンチャー企業はいかにアピールを行って、技術のPRにつなげていくかが大事であり、デジタル関連の戦略を立てていくことが重要になります。デジタルストラテジストという職業はあまり知られていませんが、今後有名になる可能性が高い職種です。

AIプランナー

AIプランナーは、AIだけでなくビジネスに関する知識を有している人材です。新しいAI関連のサービスを作り出す際に、ビジネス面でのトレンドをつかみながら、そのトレンドにマッチしたサービスを模索していくことになります。

プランナーという名の通りAIに関連したサービスを企画していくのが仕事であり、最新のAIの技術への理解力が問われます。

AI人材に必要なスキル

ai人材

様々なAI関連の触手がある中、AI人材に必要なスキルについて主なものをまとめました。

プログラミングスキル

プログラミングスキルはAIエンジニアやデータサイエンティストなどには欠かせないスキルです。中でも必要とされるプログラミングスキルにPythonが挙げられます。PythonができないとAIの開発は難しいでしょう。

Pythonのスキルさえ磨いていれば、どんな現場でも一定の対応ができるほか、開発に携わらなくてもPythonを知っていれば、現状どんな開発を行っているのかそのプロセスがある程度わかります。

コミュニケーション能力

ai人材

AI人材ではコミュニケーション能力も必要です。一見すると必要なさそうにみえるコミュニケーション能力ですが、開発する側と活用する側の意思疎通を密にしないとどちらかにとっていいものであっても、どちらかにとっては使いにくい、作りにくいものになってしまう恐れがあります。

開発する側にとってはどんなものでないといけないのかをコミュニケーションをとる中で知る必要があります。これを怠れば非効率的な形で開発が行われてしまうでしょう。効率的かつ合理的に開発を進めていくにはコミュニケーション能力は欠かせません。

マネジメントスキル

AIプランナーなどはマネジメントスキルが必要です。実際にサービスやシステム開発などをしていく中で、企画はもちろん、プロジェクトの管理を行うのもプランナーの仕事と言えます。また進捗状況を確認しつつ、予算を守りながら品質向上を図ることも必要です。

これらの状況をトータルで管理していくのもAIプランナーの仕事であり、マネジメントスキルが問われます。

AI人材における需要

ai人材

AI人材はどれくらいの需要があるものなのか、AI人材の需要をまとめました。

AI人材がいない企業が多い

AIの利活用がもはや必須とされている中で、自社でAI人材を確保することが至上命題的な状況になってきています。しかし、数年前の調査ではAI人材の過不足がないと答えている企業はわずか14%にとどまり、しかも短期的な将来、中期的な将来において過不足がないと答える企業は一気に減り、先行き不透明感を感じさせます。

またどれだけAI人材が不足しているのか、具体的な人数も現状ではつかみきれていないケースがほとんどです。AI人材は必要だけど何人確保すればいいのかわからないと考えている企業が非常に多いことが言えます。

間違いなく需要は増える

ai人材

数年前の調査ではAI関連のサービスを導入していない企業が半数以上を占めているという結果が出た一方、導入しない理由で目立ったのが人材不足という理由でした。人材さえいれば導入するという企業が一定数存在することが言えます。

しかも、年々AIの重要性が高まる中で、人材不足を理由にAIの利活用を避けていれば、いずれ経営に影響が出始めることは明らかです。今後AI人材を確保しなければならず、その需要は間違いなく増えると言えます。

AI人材を増やすためには

AI人材やIT人材をいかに増やしていくかに関して、日本政府は長期的な施策として小学生のうちからデータサイエンスやAIの基礎習得を時間をかけて行っていくことを目指しています。プログラミングの必修化など小学校からITリテラシーなどの教育に力を入れていく中、2025年や2030年に間に合うかは微妙と言えます。

そのため、社内でAI人材を育成するケースが増え始めています。結局AI人材を外部で確保するためには高い収入で引っ張っていく必要があるため、だったら自前で育てていった方が効率的と考えるのはある意味で当然と言えます。いずれは小さいうちからリテラシー教育を受けた世代がAI人材となっていくでしょうが、そもそも少子化も叫ばれ、現実的な施策かどうかは微妙です。

海外では多くのAI人材がおり、外国から連れてくるのが最も現実的と言えます。急場をどこまでしのげるかという問題もある中で、AI人材の不足をどこまで真剣に考えられるかも大事です。

まとめ

AI人材の不足は日本の成長戦略にとってマイナスになる恐れがあり、だからこそ一生懸命人材の確保に向けて努力を重ねる必要があります。現状ではすぐに解決できる状況にはありませんが、人材不足ゆえの高年収にどれだけの人が魅力を感じるかも今後のポイントとなるでしょう。

AIそのものはなくてはならないものであり、AI人材になれば普通に手に職をつけるよりも確実性があります。AI人材が増えれば間違いなく日本を取り巻くAIの環境は進化を遂げます。そのためにも、AI人材の必要性を多くの人が知る必要があると言えるでしょう。

生成AIパスポートとは?

生成AIパスポートはエンジニア職だけでなく一般の方向けの資格です。

生成AI業界における最前線を走っている有識者たちに監修された資格試験で、最先端の確実な知識や簡易的な活用スキルを身につけることができる認定試験・資格です。

試験を通じて、文章生成をすることができるChatGPTなど、AIを活用したコンテンツ生成の具体的な方法や事例に加え、企業のコンプライアンスに関わる個人情報保護、著作権侵害、商用利用可否といった注意点などを学ぶことができます。

生成AIの活用普及を目的とした、国内最大級の生成AI団体である、一般社団法人生成AI活用普及協会(GUGA)が発行する認定試験です。

詳細はこちら

生成AI
パスポート試験

生成AIパスポート試験のご案内はこちら

View More
入会のご案内

当協会の活動趣旨にご賛同いただける方

View More
お問い合わせ

当協会に関する質問やお問い合わせはこちら

View More