最新ニュース

AIに奪われる仕事とは?その理由や特徴、共通点や対策と、なくならない仕事についても徹底解説!

2023.12.27
ai 奪われる仕事

現在、ほとんどの分野でAIは活用されており、日常的にAI技術に触れるようになりました。

その結果、今後AIによって奪われてしまう仕事が急増することが危惧されており、現在それらの仕事をしている方にとっては大きな問題です。

今回は、AIに奪われる仕事やその理由や特徴、共有点や対策、なくならない仕事について徹底解説します。

本当にAIに仕事は奪われるのか?

ai 奪われる仕事

現在、AIはさまざまなところに普及しており、今後も急速に浸透していくことが予想されています。

実際に、工場のレーン作業や在庫管理、勤怠管理などの業務のほとんどをAIに代替している企業も少なくありません。

現時点では、AIと人間のどちらの力も欠かせない状態の仕事がほとんどですが、今後AI技術が進歩することで、人間の力が完全にいらなくなる仕事は多くなることでしょう。

そのため、自分の仕事が将来AIに奪われてしまう可能性がどれほどあるのか考えておくことをおすすめします。

AIに奪われる仕事

ai 奪われる仕事

実際に、今後AIに奪われてしまう仕事には、何があるのか気になる方は多いです。

AIに奪われる仕事には、主に以下の仕事があります。

AIに奪われる仕事の特徴や共通点

ai 奪われる仕事

AIに奪われる仕事には、どのような特徴や共通点があるのか知っておくことで、AIに奪われないための対策が行えます。

ただ、具体的にどのような特徴や共通点があるのか知らない方も少なくありません。

ここでは、AIに奪われる仕事業務が多い仕事

単純作業やマニュアル業務が多い仕事は、AIに奪われる仕事の特徴・共通点の1つです。

例えば、工場の流れ作業や在庫管理、勤怠管理などの業務は、ほとんどAIによって代替することができます。

さらに、人間による手作業によって発生するヒューマンエラーや労働時間の制限などがなくなり、業務効率化や業務時間拡大も可能です。

そのため、上記でも解説したような仕事は、AIに奪われる可能性が高くなります。

ヒューマンエラーが起きやすい仕事

車の運転や在庫管理、売上やコスト計算など、手動で行うことでミスやエラーを引き起こしてしまう仕事は数多く存在します。

特に、運転や工場での作業などは小さなヒューマンエラーによって人命を失ってしまうリスクも高いです。

また、人間は疲労や寝不足によって、ヒューマンエラーを起こしやすくなります。

そのため、ヒューマンエラーが重大な問題に発展してしまう仕事や頻発しやすい仕事もAIに奪われる仕事の特徴や共通点の1つです。

AIに奪われない仕事

ai 奪われる仕事

AIに奪われる仕事とは、反対に今後もAIに奪われることなく存続する仕事も数多く存在しています。

そんなAIに奪われない仕事には、主に以下のような仕事があります。

AIに奪われない仕事の特徴や共通点

ai 奪われる仕事

AIに奪われない仕事には、AIに奪われる仕事とは全く異なる特徴を持っていることがあります。

そんなAIに奪われない仕事には、具体的にどんな特徴や共通点があるのか気になります。

ここでは、AIに奪われない仕事の特徴や共通点について解説します。

AIよりもコストが低い仕事

AIを導入することで、業務効率化やヒューマンエラーの削減など多くのメリットがあります。

ただ、AIを扱える専門知識のある人材の確保・育成や導入・運用にかかる費用などのコストがとても高いです。

そのため、個人経営や家族経営の店舗などにとっては、導入による費用対効果を見込めない可能性があります。

そのため、以上のような仕事はAIに奪われにくくなります。

感情的な仕事

人々の芸術性に訴えかける仕事や喜怒哀楽などの感情を刺激する仕事は、AIが奪うことのできない仕事の1つです。

例えば、作家や漫画家、YouTuberや芸能などの仕事は、完全に人間の感情的な部分を刺激することで成り立っているので、AIでは代替が厳しい分野になります。

また、最近ではSNSなどの普及によりインフルエンサーやそのインフルエンサーコンサルする仕事なども幅広く誕生しています。

そのため、以上のような特徴を持つ仕事もAIに奪われないでしょう。

複雑な動作が必要な仕事

介護や医療、建設などの複雑な動作が求められる仕事も、AIで代替することが難しいです。

さらに、介護や医療ではAIによる対応よりも人間による対応を求めている利用者が多いことも大きな要因になります。

また、人間によって臨機応変に対応できることや経験から来るセンスなども求められるケースが多いので、今後もAIによって奪われるリスクは低いです。

そのため、専門的なスキルや複雑な動作を必要とする介護や医療、建設に関するスキル習得の重要性は、現在急速に高まっています。

AIに奪われないために必要なスキル

ai 奪われる仕事

AIに仕事が奪われてしまうことで、さまざまな業界で多くの失業者が発生してしまいます。

さらに、これまで何年も続けていた仕事を突然失ってしまう可能性もあるので、しっかりとAIに奪われないための対策を行うことが大切です。

ここでは、AIに奪われないために必要なスキルについて解説します。

AIを扱うスキル

AIを活用するためには、AIを扱える人材が必要です。

多くの業界でAIは導入されていますが、そのAIの導入や運用、メンテナンスなどには、AIを扱える専門的な人材が関わっています。

さらに、今後多くの分野でAIが欠かせない存在になってくるので、AIを扱える人材の需要は拡大し続けることが予想されています。

AIによって仕事が減少することが囁かれていますが、その反対にAI技術の発展・普及によってAIやビッグデータを扱う仕事も誕生している状況です。

そのため、AIを扱えるスキルを身に付けることは、とても重要です。

感情を動かす能力

感情を動かす仕事は、現在AIでは十分に代替することができません。

企業の経営や集客などの業務はAIによって行われるケースも多いですが、営業活動や広告の内容などは現在でも人間によって行われることが多いです。

実際に、「この人の紹介だから購入しよう」といった感情的な動機を持つ顧客も少なくありません。

そのため、人々の感情を動かせるような能力も身に付けておくことをおすすめします。

芸術性やクリエイティブなスキル

作家や漫画家などの芸術性やクリエイティビティを追求している仕事やYouTuberや芸能などのコンテンツ作成に関わる仕事も、AIには奪われにくいです

現在でも、AIで映像や画像、音楽などの作成は行われており、クリエイティブな分野で広く活用されています。

ただ、ゴッホや芥川龍之介のような作家や画家の価値や魅力は、低下するどころか高まり続けています。

そのため、人間によって創造されたものには、今でも高い価値があり今後もAIに奪われる可能性が低いです。

すでにAIが行っている仕事の事例

ai 奪われる仕事

現在、AIによって奪われた仕事はまだほとんどありませんが、すでにAIが行っている仕事・業務はとても多くあります。

ここでは、すでにAIが行っている仕事の事例を主に3つ紹介します。

企業や店舗の顧客対応

ai 奪われる仕事

企業や店舗の顧客対応は、現在多くの場所でAIが活用されています。

特に、Webサイトの問い合わせフォームによる顧客対応やカスタマーセンターなどの業務は、AIによって行われていることが多いです。

AIを活用することで、24時間体制で高品質な対応を行えるので、業務効率化や顧客満足度向上、コスト削減などに繋がります。

さらに、飲食店のオーダー業務も各席に設置されたタブレットなどのデバイスによって行われていることが多いです。

また、実際にAIによる顧客対応を経験したことのある方も多いでしょう。

在庫管理や製造業務

ai 奪われる仕事

工場や店舗の在庫管理や製造業務などもAIを活用していることが多いです。

実際に、Amazonの工場では人間による手作業が一切なく全てAIを搭載したロボットによって行われています。

他にもトヨタ自動車の製造工場では、一部の作業がAIによって運用・管理されています。

そのため、今後以上のような現場では、AI技術がどんどん普及していくことでしょう。

農業

ai 奪われる仕事

農業は、AIによる代替が難しいと感じている方も多いですが、すでにAIの普及が進んでいます。

例えば、AI搭載のドローンを活用した農園の監視活動やAIライブラリを活用した作物の選定、農薬の散布や収穫作業などが挙げられます。

また、現在農業を含む第一次産業の人材不足は深刻化しているので、AIによるソリューションやサービスの開発は発展し続けていくことでしょう。

そのため、将来的には無人の農場なども誕生する可能性が高いです。

まとめ

ai 奪われる仕事

AIは急速に成長しており、今後も多くの分野でAIは活用されていくことでしょう。

そのため、現在している仕事がAIによって奪われてしまう可能性もあるので、今回紹介したAIに奪われる仕事をしている方は、しっかりと対策しておくことをおすすめします。

ただ、AIは業務効率化や技術の発展にも大きく貢献するので、うまく活用することで今よりも仕事の価値を向上させてくれるということも理解しておきましょう。

生成AIパスポートとは?

生成AIパスポートはエンジニア職だけでなく一般の方向けの資格です。
生成AI業界における最前線を走っている有識者たちに監修された資格試験で、最先端の確実な知識や簡易的な活用スキルを身につけることができる認定試験・資格です。

試験を通じて、文章生成をすることができるChatGPTなど、AIを活用したコンテンツ生成の具体的な方法や事例に加え、企業のコンプライアンスに関わる個人情報保護、著作権侵害、商用利用可否といった注意点などを学ぶことができます。

生成AIの活用普及を目的とした、国内最大級の生成AI団体である、一般社団法人生成AI活用普及協会(GUGA)が発行する認定試験です。

詳細はこちら

生成AI
パスポート試験

生成AIパスポート試験のご案内はこちら

View More
入会のご案内

当協会の活動趣旨にご賛同いただける方

View More
お問い合わせ

当協会に関する質問やお問い合わせはこちら

View More