最新ニュース

AI翻訳(機械翻訳)とは?仕組みや人間の翻訳との違い、メリット・デメリットについて徹底解説!

2024.1.31
翻訳AI

AIによる翻訳技術は年々精度が向上しており、現在ではAIによる翻訳を活用している企業などが多くなっています。

そんなAI翻訳がどのような仕組みで機能しており、活用するメリット・デメリットについて気になる方も少なくありません。

今回は、AI翻訳(機械翻訳)についてや仕組み、人間の翻訳との違い、メリット・デメリットについて徹底解説します。

AI翻訳(機械翻訳)とは?

翻訳AI

AI翻訳(機械翻訳)とは、AIを使って入力されたテキストや音声を元の言語から別の言語へ翻訳する技術のことです。

例えば、Google翻訳で日本語のテキストや音声を入力して変換したい言語を選択すれば、スムーズにその言葉を翻訳してくれます。

さらに、現在では高い精度での翻訳ができるようになっているので、正確に近い状態で文章を表示してくれます。

そのため、多くの分野でAI翻訳は活用されています。

AI翻訳(機械翻訳)の仕組み

翻訳AI

AI翻訳には、主に以下3つの種類があります。

ここでは、以上3種類のAI翻訳の仕組みについて解説します。

ルールベース型

ルールベース型のAI翻訳は、文法のルールや辞書に記載されている情報を元にAIが翻訳する仕組みです。

AIに予め与えた学習データが少ない場合でも、すでに決まった文法ルールや辞書に基づいて翻訳を行うので、学習コストが少ないという特徴があります。

ただ、ベースにない口調やニュアンスの言葉をうまく翻訳することができないという欠点があるので、随時学習させなければいけません。

統計ベース型

統計ベース型のAI翻訳は、インターネット上で収集した統計データを元にAIが翻訳する仕組みです。

ルールベース型のAI翻訳とは違い、口調や慣用的な表現を考慮した翻訳ができるので、人間的なニュアンスなどもしっかりと翻訳してくれます。

ただ、事前に学習させる必要のある統計データが大量に必要になってくるので、運用するためには学習コストが高いです。

そのため、導入後すぐに活用することが難しいAI翻訳でもあります。

ニューラルネットワーク型

ニューラルネットワーク型のAI翻訳は、ディープラーニングを用いてAI翻訳を行う仕組みです。

人間のように翻訳を繰り返すことで学習していき、少しずつ翻訳精度を向上させていくことができるので、継続的に利用する場合に効果的です。

ただ、精度を向上させるためには膨大なデータが必要になります。

さらに、ニューラルネットワークモデルが複雑であることから不具合の対処が難しいという課題があります。

AI翻訳(機械翻訳)と人間の翻訳との違い

翻訳AI

人間の翻訳では、翻訳する元のテキストや音声を聞いた時にニュアンスや流行り、文化などを読み取った上で翻訳することができます。

ただ、人間に翻訳を依頼する場合は、多額の人件費がかかることや翻訳精度の不安定さ、翻訳までに時間がかかるなどの問題があります。

AI翻訳の場合、人間のように細かなニュアンスや意味までは正確に翻訳することができませんが、翻訳効率やコスト、翻訳精度の安定性などを得ることが可能です。

AI翻訳(機械翻訳)のメリット

翻訳AI

多くの分野で活用されているAI翻訳を活用することで、具体的にどのようなメリットがあるのか気になります。

AI翻訳の具体的なメリットを理解することで、AI翻訳をより効果的に活用することが可能です。

ここでは、AI翻訳のメリットについて解説します。

スムーズに翻訳できる

AI翻訳を活用することで、スムーズに翻訳することができます。

例えば、すぐに外国語の資料や外国語の音声の会議を翻訳したい場合に、AI翻訳を活用すればスムーズに翻訳してくれます。

人間による翻訳であれば、すぐに翻訳家が呼べない場合や翻訳までに時間がかかってしまうなどの問題があります。

そのため、業務効率化を進める企業などにはとても効果的です。

低コストで翻訳できる

AI翻訳は低コストで翻訳できるというメリットもあります。

人間に翻訳を依頼する場合や翻訳会社に依頼する場合は高額な依頼費用が必要になりますが、AI翻訳はインターネット環境が整っていれば簡単に利用することが可能です。

さらに、無料で提供されているAI翻訳ツールやアプリも豊富にあるので、翻訳にほとんどコストをかけることなく利用できます。

そのため、業務効率化と同時にコスト削減も期待することが可能です。

高い翻訳精度を保てる

AI翻訳は、高い翻訳精度を保って使い続けることができます。

これまで翻訳で活用されていた機械翻訳技術はあまり精度が高くなかったので、ビジネスでの活用には向いていませんでした。

しかし、AIによる翻訳では高い精度での翻訳ができ、人によって品質に大きな差がでることもなく一定の精度で翻訳が可能です。

そのため、AI翻訳は利便性が高く翻訳家へ依頼するコストもほとんどかからなくなります。

AI翻訳(機械翻訳)のデメリット

翻訳AI

AI翻訳を活用することでさまざまなメリットがありますが、その反対にデメリットもいくつか存在します。

これからAI翻訳を活用する際は、しっかりとデメリットも理解しておくことが大切です。

ここでは、AI翻訳のデメリットについて解説します。

細かなニュアンスや意味は理解できない

AI翻訳は高い精度での翻訳が行えますが、細かなニュアンスや意味を理解することは難しいです。

さらに、国や地域ごとの文化的背景を考慮した翻訳などを行うこともできないので、国や地域ごとに解釈が異なる可能性があります。

また、現時点のAI翻訳では以上のような細かい部分まで正確に翻訳することは困難なので、荒翻訳程度にしか活用できない分野も少なくありません。

そのため、AI翻訳を導入する場合は、以上のデメリットを理解しておくことが大切です。

手動の確認作業が必要

AI翻訳は、細かなニュアンスや意味を理解することが難しいので、翻訳後に手動の確認作業が必要です。

特に、ビジネスの場においてはニュアンスや意味を間違って翻訳した内容を伝えることで、取引先などと大きなトラブルや損失に繋がってしまうリスクがあります。

さらに、大切な資料やメールの翻訳が間違っていると、顧客トラブルにも発展してしまう場合があります。

そのため、AI翻訳を活用する場合は、最後に手動での確認作業が必要不可欠です。

セキュリティ面のリスクがある

AI翻訳ツールを企業に導入する場合、セキュリティ面のリスクがあります。

法人向けに提供されているAI翻訳ツールであればセキュリティリスクは低いですが、個人向けに提供されているAI翻訳ツールであればセキュリティリスクが高いです。

そのため、企業でAI翻訳を使う場合はしっかりとセキュリティ面を考慮しておかなければ、情報漏洩や不正アクセスなどの問題が発生してしまう場合があります。

また、AI翻訳を導入する場合は、しっかりと自社に適してるか確認しておくことも大切です。

AI翻訳アプリの選び方

翻訳AI

現在、さまざまなAI翻訳アプリが提供されており、どのAI翻訳アプリが最適なものなのか判断することが難しくなっています。

AI翻訳アプリは、しっかりと自社に最適なものを選ぶことによって、高いパフォーマンスを期待することが可能です。

ここでは、AI翻訳アプリの選び方について解説します。

翻訳の精度を確認する

翻訳AI

AI翻訳ツールを選ぶ場合、翻訳の精度を確認しておきましょう。

AI翻訳ツールの翻訳精度は、AI翻訳ツールの翻訳エンジンによって決定され、同じ機能や価格でも大幅に精度が違う場合もあります。

さらに、ビジネスで重要な専門分野の翻訳なども効果的に行ってくれるかも重要なポイントになります。

そのため、翻訳の精度を確認して慎重に選びましょう。

セキュリティ性を確認する

AI翻訳ツールの中には、セキュリティ面のリスクを抱えているものも少なくありません。

セキュリティ対策を行わずに企業で導入してしまうと、情報漏洩や不正アクセスなどの重大な問題に発展する可能性が高いです。

さらに、AI翻訳ツールごとにセキュリティ対策の内容は大きく異なるので、しっかりと自社に適したAI翻訳ツールを選ぶことが大切です。

操作性を確認する

翻訳AI

AI翻訳ツールの操作性についても選ぶ上では、とても大切になります。

使いやすいAI翻訳ツールであれば効率的に翻訳できるので、業務効率化やコスト削減に大きく貢献します。

ただ、そうではない場合は帰って業務に時間がかかってしまう可能性があります。

そのため、これからAI翻訳ツールを選ぶ場合は、自社とって使いやすい機能が充実しているかどうか確認するようにしましょう。

AI翻訳(機械翻訳)の将来性

翻訳AI

AI翻訳の翻訳精度は向上し続けており、今後はより高い精度での翻訳が可能になることでしょう。

そのため、今よりも幅広い分野でAI翻訳が活用されるようになり、言語の壁がなくなりグローバル化の発展に大きく貢献していきます。

また、現時点では手動による確認作業が必要ですが、将来的には完全に自動で正確な翻訳ができるようになることが期待されています。

まとめ

翻訳AI

AI翻訳(機械翻訳)は、多くの分野で活用されており今後も幅広く活用されていくことが予想されています。

ただ、現時点ではいくつかデメリットも存在しているので、十分な翻訳をすることができない状況です。

これからAI翻訳を活用する際は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

生成AIパスポートとは?

生成AIパスポートはエンジニア職だけでなく一般の方向けの資格です。

生成AI業界における最前線を走っている有識者たちに監修された資格試験で、最先端の確実な知識や簡易的な活用スキルを身につけることができる認定試験・資格です。

試験を通じて、文章生成をすることができるChatGPTなど、AIを活用したコンテンツ生成の具体的な方法や事例に加え、企業のコンプライアンスに関わる個人情報保護、著作権侵害、商用利用可否といった注意点などを学ぶことができます。

生成AIの活用普及を目的とした、国内最大級の生成AI団体である、一般社団法人生成AI活用普及協会(GUGA)が発行する認定試験です。

詳細はこちら

生成AI
パスポート試験

生成AIパスポート試験のご案内はこちら

View More
入会のご案内

当協会の活動趣旨にご賛同いただける方

View More
お問い合わせ

当協会に関する質問やお問い合わせはこちら

View More