第1回 一般個人向け
生成AIパスポート試験
受付はこちら
入会のご案内
法人会員・団体会員
詳細はこちら
AI全般

AIマネジャーとはどんな仕事?向いている人とは?組織での役割や必要なスキルについて徹底解説!

2023.10.30
AIマネジャー

AIが人間の仕事を奪う時代に突入したと言われ、どの仕事がAIに取って代わるのかと戦々恐々の人も珍しくありません。一方でAIを導入する際や運用において円滑に事が運ぶように管理を行う仕事があります。それがAIマネジャーです。

本記事ではAIマネジャーとはどんな仕事なのかを中心に向いている人や組織での役割などを詳しく解説します。

AIマネジャーとはどんな仕事?

AIマネジャー

そもそもAIマネジャーとはどんな仕事なのか、AIマネジャーの仕事内容や必要な理由についてご紹介します。

AIの導入を円滑に進める仕事

AIマネジャーはAIの導入を円滑に進めることが大きな仕事です。その理由として、AIを導入する際に作業工程を大きく変えることが関係しています。これまで行ってきた作業を丸ごと変更することから、これまでの作業に慣れていた従業員は確実に戸惑いを覚えます。

作業によってはAIの存在が間違いなくプラスに働く一方で、人が全くいらなくなるわけではありません。そもそもAIは最初から100%の動きをしないからです。学習を重ねていく中で100%の能力を発揮するため、その学習はある程度人間が牽引する必要があります。

そして、「AIがある状況での仕事のやり方」について考えておかないと人間側が戸惑いを覚え、AIとの共存は厳しいと思ってしまい、離職につながる可能性も出てきます。AIと人間を共存させつつ、効率化を図るために策を練るのがAIマネジャーです。

段階的な導入を目指すのがコツ

AIマネジャー

AIに学習させるのはそれなりに時間がかかります。例えば工場で不良品を見つけ出すためにAIを導入する場合、何をもって不良品なのかを教え込まなければなりません。そのためには何が理想の製品かを教え込む必要があります。

こうした作業は現場で働く職人や実際に導入を進めるエンジニア、そして、データサイエンティストなどが担当します。一方で不良品のデータを集める作業などこれまでやってこなかったことをやらざるを得ないため、何かと時間がかかります。

調整しなければハレーションが起きるような状況において調整を行うのがAIマネジャーです。最初のうちはAIに対する誤解を解くところから始めます。あくまでも現場での仕事をサポートするために導入するのであって、決して人間から仕事を奪うものではないという部分から始めることになります。

段階的に導入を目指し、現場での拒否反応をなくすこともAIマネジャーが行うべき仕事です。一見簡単そうに見える仕事ですが、予想以上にAIに対する反発が強いからこそ、AIマネジャーの重要性は大きいと言えるでしょう。

AIマネジャーはなぜ重要な存在なのか

AIマネジャー

AIマネジャーという仕事はまだまだ一般的に浸透していませんが、いずれは重要な存在になっていきます。なぜ重要な存在なのか、実は明確な理由が存在するのです。

AIガバナンスの問題

AIを導入することに関して多くの企業が慣れているとは言い難い状況です。そのため、無秩序にAIを導入することで想定外の結果をもたらしたり、自分たちが持っていたスキルを失ったりすることがあります。

そのため、AIを導入する際には「AIガバナンス」が重要であると言われています。AIガバナンスはAIの扱い方や管理・運営の方法、考え方などを指す言葉です。AI中心ではなく、あくまでも人間が中心で作動することを心がけたり、AIの暴走を防ぐための倫理感を持って、制度設計を行ったりすることが問われます。

AIガバナンスがしっかりと行き届いているかどうか、このあたりを管理していくのがAIマネジャーです。

AIガバナンスを形作る仕組みも必要

AIマネジャー

近年、AIを導入する場合に倫理観を逸脱しないAIを作るために「AI倫理原則」を作る企業が増えています。ところが、AI倫理原則をどのように守るかについての具体的な対策を設けた企業は実はそこまで多くありません。

AI倫理原則を実行していく仕組みを作って稼働させることでようやくAIガバナンスが実現します。AIを恐れる人はAIが暴走するのではないかと不安視する人もいますが、現在の技術ではそこまでの可能性は考えにくいとされています。しかし、一定の時期を迎えれば人間の知能を超えるために人間では想像もつかない事態が巻き起こるのではないかとも言われており、これを「2045年問題」と呼ぶ人もいる状況です。

2045年問題について詳しく解説している記事はこちら

こうした不安をなくすためにも倫理観のあるAI作り、そして、運用や管理が必要とされ、AIマネジャーの出番となるのです。

AIマネジャーに向いている人とは?

AIマネジャー

ただ単に導入すればいいわけではないAI。そのため、導入には慎重な判断と先を見据えた対応が求められます。その判断と対応を行うのがAIマネジャーです。ここからはAIマネジャーに向いている人についてご紹介します。

マネジメント能力を既にある人

AIの取り扱い以前に前提として必要なのは、マネジメント能力が既にあることです。AIと人間の共存を考える場合に、人間側の管理が十分にできない状態ではAIとの共存は到底不可能であり、AIを導入する過程においてうまくいかないでしょう。

コミュニケーションスキルを身につけていることはもちろんのこと、モチベーションをしっかりと管理できる人でないとAIマネジャーとしての素養があるとは言えません。

周囲を巻き込める人

AIマネジャー

AIの導入においては多くのトライを行ったらエラーに触れて、そのエラーから再びトライすることを繰り返します。そのため、AIマネジャー自身もトライアンドエラーに抵抗がない人が求められます。そして、自分だけでなく周囲も巻き込みながらAI導入を行っていく状況になれば、プロジェクトは盛り上がりを見せます。

常に調整ばかりを行うのもマネジメント能力としては重要ですが、学習データ集めなど周囲の協力は絶対に必要であり、負担を強いる場合もあります。周囲を巻き込み、周囲がノリノリで協力するような状況にもっていくこともとても大事なのです。

AIマネジャーの組織での役割

AIマネジャー

AIマネジャーにおける組織での役割はいくつかの要素によって分けることができます。ここではAIマネジャーの組織での役割についてご紹介します。

AI導入での青写真を示す役割

AIマネジャーは基本的にAI導入を推し進める存在であり、いかにAI導入をすることで効率的に会社が回っていくかを示していくことが求められます。その際に「AIを導入すればこんな未来が待っている」という青写真を示す役割があります。

AI導入に慎重な人たちは、AIを導入するメリットがぼんやりとしか見えていない人たちです。明確にメリットを示すことも大事であり、より具体的に示せるかが問われます。

間違った方向へ進むのを正す役割

AIマネジャー

AIは私たち人間とは違う方向性へ進んでいくことがあります。そのため、実際に動かしてみた時に思わぬところでエラーを起こすことがあるのです。間違った方向へ進む可能性のあるAIに対し、今のやり方でいいのかを検証していくことが必要であり、その役割もAIマネジャーが担います。

AIは一筋縄ではいかない存在であり、一癖も二癖もあります。だからこそ、理想的な使い方を目指していくために数多くのトライアンドエラー、検証が必要なのです。それを根気よく行い続けることが求められます。

AIマネジャーに必要なスキル

AIマネジャー

AIマネジャーにはいくつか必要なスキルが存在します。ここでは必要なスキルについてまとめました。

根気強く説得していくスキル

AI導入を成功させるには、小さいところから段階的に取り組んでいき、AIへの期待感を高めていく必要があります。そのため、何の成功例もない最初の段階がいきなりの腕の見せ所と言えます。

この時、根気強く説得を行い、「AIは導入すべし」という雰囲気づくりを行うこともとても重要です。泥臭くコミュニケーションを重ねられるスキルがあるかないかは大きな違いです。

AIを説明するスキル

自分自身にAIの知識があっても、周囲にその知識がなければ話が進みません。かといって、横文字をただ羅列するように説明するだけでは、誰も理解せず、ただただ拒否感だけが高まるばかりです。

そのため、AIの基礎知識を理解した上でかみ砕いて説明できるスキルが問われます。このスキルはAIを正しく理解できていないと難しいでしょう。改めてAIに対する理解を深め、わかりやすく説明するスキルを磨かなければなりません。

AIマネジャーは文系でも務まる?

AIマネジャー

AIマネジャーは理系の独壇場のように思われますが、実は文系のAIマネジャーも存在します。文系でも務まるのか不思議に思う人も多いでしょうが、実は文系でも務まります。その理由をご紹介します。

むしろ文系の存在が今後重要になる

AIマネジャーは結論から言えば、文系でも務まるほか、文系こそが求められると言われています。例えば理系の場合、AIを作ることやAIを運用することにとても長けています。いわゆるエンジニア的な立ち位置から見れるわけですが、実際に管理を行うとなると、現場とのハレーションを捌き切れない可能性があります。

文系はAIの設計などは不得手かもしれませんが、実際にAIを使いこなしていく観点では文系のほうが優れています。あくまでもAIマネジャーはAIの導入において円滑に進ませて共存を図っていくのが仕事なので文系のAIマネジャーはむしろ必要です。

時に勇気ある撤退を辞さない覚悟も必要

AIマネジャー

AIを導入する際には、何が何でも導入しないという考えもいけませんが、絶対に導入しなければならないという考えもいいとは言えません。結局、AI導入にはまだ難しい状況だったり、本格的に運用した際の混乱が想定されたりする場合、無理に実行すれば様々なハレーションが生じます。

そのため、「これ以上AIのレベルが高まらないようだと撤退も辞さない」という柔軟な姿勢を見せることが求められるのです。その際、単に失敗して撤退するだけでは不十分であり、なぜ失敗したのか、なぜ撤退するのかをすべて示した上で、来るべき時に備えることまでがワンセットとなります。

まとめ

AIマネジャーは日本だとまだ馴染みがない職種です。しかし世界ではAIマネジャーが当たり前のようにいます。AIの分野では日本は世界に比べて遅れていると言われており、AIマネジャーを増やすことが急務と言われている状況です。

DX化を推し進めるにはAIマネジャーを増やすことが重要です。AI全盛時代を迎えるからこそAIマネジャーを育てていく姿勢が企業側に問われます。

生成AI
パスポート試験

生成AIパスポート試験のご案内はこちら

View More
入会のご案内

当協会の活動趣旨にご賛同いただける方

View More
お問い合わせ

当協会に関する質問やお問い合わせはこちら

View More