最新ニュース

自動運転とは?AIが欠かせない理由や、AIの役割、仕組みからメリット・デメリットまで徹底解説!

2024.1.31
自動運転 ai

近年は技術革新に伴い、とても便利な世の中になりつつあります。そんな中で開発に相当な関心が注がれ、1日でも早い実用化に期待が持たれるのが自動運転です。自動運転にはAIが絶対に欠かせません。

本記事では自動運転とAIのかかわりにスポットを当て、AIが欠かせない理由や役割についてご紹介していきます。

自動運転とは?

自動運転 ai

まずは自動運転に関する基本的な情報をまとめました。

既に自動運転は世の中に広まっている

皆さんは自動運転にレベルがあることをご存じでしたか?自動運転には主に6段階のレベルがあり、自動運転に関する一切の技術がない状態がレベル0、アクセルやブレーキなどシステムが一定のサポートを行えばレベル1、もしくはレベル2になります。

自動運転と聞くと、完全な自動運転を思い浮かべる人も多いでしょうが、多くの人が思い浮かべる「自動運転」はレベル5、完全自動運転車となります。多くの技術者が目指しているのは完全自動運転車です。

現状はレベル3まで来ている

自動運転 ai

現状の自動運転はレベル3まで来ており、レベル3では「条件付自動運転車(限定領域)」という状態です。一定の条件であれば運転操作をすべて自動化できるため、事実上完全自動運転車の状態には来ています。しかし、システムから要請を受けた時点で運転手はすぐに運転に復帰しなければならないのがポイントです。

例えば、自動運転の開発などを見ると、運転席に座っている人はハンドルをいつでも握れるような状態にしています。これはいつでも運転に復帰できるようにしている状態であり、渋滞などで自動運転が難しくなったら切り替わるようになっているのです。

自動運転はなぜ必要なのか

自動運転 ai

そもそも自動運転はなぜ必要なのか、その点もご紹介します。

交通事故を防げる

自動運転に切り替える最大のメリットは交通事故の防止です。交通事故は基本的に運転手のミスによって生じます。言ってしまえば運転手が一切のミスをしなければ交通事故の大多数は防げるのです。

完全な自動運転にすれば人間のミスは全く考慮されなくなり、スピード違反なども起こりにくくなります。すべてがコントロールできるようになることで、交通事故が防げるため、自動運転に切り替える恩恵はかなり大きいと言えます。

渋滞が少なくなる

自動運転 ai

私たちの生活において、渋滞の存在はネックであり、渋滞によって色々な損失がもたらされることがあります。国土交通省では渋滞による損失は年間12兆円、個人の渋滞による時間損失は年間で30時間と試算しています。

自動運転にすれば少なくともこれらの損失は大幅に軽減されます。渋滞が起こりやすい場所は人間の心理も影響している部分があるので、自動運転になればこうした心理を排除できるので渋滞の削減につなげられるでしょう。

ドライバーの負担軽減

長らく問題視されているのはドライバーへの負担です。特に運送業のドライバーの負担は相当なもので、常に疲労困憊と言わざるを得ないような過酷な環境の中で仕事を行っています。自動運転になれば、ドライバーは基本的に運転のストレスから解放されやすくなるため、一定の負担軽減につながります。

もちろん、飲酒ができるなどのことでは一切なく、あくまでも負担軽減程度ですが、常に気を張るような必要はなくなりつつあり、車内での時間を有効活用しやすくなるのは自動運転の恩恵と言えます。

自動運転にAIが欠かせない理由

自動運転 ai

ここからは自動運転においてAIが欠かせない理由をまとめました。

機械的に判断してくれるから

車を運転すると急に人柄が変わる人がいるように、普段の生活では穏やかなのに運転でモタモタする人がいると怒り出す光景を見ている方もいるのではないでしょうか。煽り運転を始め、こうした人間の心理状態が様々な事故などをもたらします。

AIは機械的に危険を察知していくほか、ディープラーニングを行っていけば人間の判断では到底決断できないようなことまで決断していくことができます。人間ですら初めての事象でびっくりしてしまうことですら、AIならば柔軟な対応ができるのが大きな要素です。

無数の可能性を処理しないといけないから

自動運転 ai

車に関しては完全自動運転が可能ですが、人間や自転車に対して「完全自動」を求めることは不可能であり、明らかに非現実的です。子供など不規則な動きをする存在や天変地異など、色々な可能性が想定できます。

これらの可能性を処理するにはAIが必要不可欠です。人間ですら無数の可能性を処理することが大変で、現状でも何かしらの形でAIが自動運転にかかわり、運転の補助を行っていることを考えれば、完全な自動運転でAIを頼ることはもはや当然と言えます。

自動運転におけるAIの役割

自動運転 ai

ここからは自動運転におけるAIの役割についてご紹介します。

画像解析

自動運転の根幹を担うのが画像解析です。カメラやレーダーなどを駆使して情報を収集し、その情報からAIが判断して運転を行っていきます。識別しないといけないものは色々とあり、標識や車線、対向車、人間など様々です。

これらを画像解析によってしっかりとチェックするほか、突如迫ってくる障害物などを瞬時に見極めていくことも画像解析において必要とされます。

状況判断

自動運転 ai

状況判断もAIが行うべき事柄です。映し出されている状況からスピードを緩める、ブレーキをかける、アクセルを踏む、ハンドルを切るなどの行動を行わないといけません。

車線からはみ出しそうになればAIが瞬時に判断してハンドルなどを動かします。この際も急なハンドルの動かし方では危険なのでゆっくりと動かすなどの判断もしていくことになります。

車の動きや混雑などの予測

車の動きや混雑などの予測を行うのもAIの役割です。前を走る車がどんな動きを見せるのかで判断をしていくことになります。また、混雑状況を踏まえてどのように車を走らせていくかもAIが判断することになるでしょう。

現状ではどの道を走るかは運転手の判断で決められ、カーナビとは違う道を通ることもあれば、新たな道ができたけどカーナビには反映されていないというケースもあります。このあたりのアップデートも自動運転を行うには積極的に行うことが求められます。

自動運転のメリット

自動運転 ai

ここからは自動運転のメリットについて解説します。

高齢者の移動手段として機能する

近年高齢者が運転免許を返上する動き、そして、高齢者の交通事故など様々な動きがみられます。一方、車しか日常生活で利用できる手段がない場合に代替手段がなかなか存在しないケースもあります。そんな時、自動運転であれば、高齢者の移動手段として機能しやすくなるでしょう。

もちろん高齢者が自動運転の車をいかに使いこなすのかという問題はあるでしょう。しかしながら、AIが運転の大部分をカバーする形になれば、悲劇的な事故は最大限防げます。AIがカバーする形でないと運転できないという状態にし、その際に補助金を出すような形にすれば、普及する可能性は出てくるでしょう。

運送業の人手不足を補える

自動運転 ai

近年運送業の人手不足が叫ばれ続けています。ドライバーそのものがいないとネット通販全盛時代を支えることができなくなります。完全な自動運転にすれば、多少運転スキルに自信がない人でも運送業を担うことができるようになるでしょう。

運転手はあくまでも荷物を運ぶ人として機能するため、運転手としての重要性を残しながらも負担軽減を図れるため、運送業を職業に選ぶケースは増える可能性が高いです。

自動運転のデメリット

自動運転 ai

最後に自動運転のデメリットについても解説します。

事故を起こした際の責任

自動運転のデメリットは、事故を起こした際の責任問題がまだ判然としない点です。運転手がその責任を負うのか、システムを作ったメーカーなのか、この点は今後議論が行われるべき点です。

完全な自動運転の場合にどのような責任となるのか、法整備自体が進んでいないのが実情です。完全な自動運転に移行しても責任の所在があやふやになっていると、運転手としては不安が残ります。

ハッキングの可能性がある

自動運転 ai

完全な自動運転にすることで、何者かにハッキングされる可能性があり、盗難事件につながるのではないかと言われています。実際にハッキングによって盗難に巻き込まれたケースがアメリカで報告されており、ハイテク化した自動車の新たな問題点として注目されている状況です。

自動運転はネットワークなしには成立しないため、ハッキングの余地を多分に残しているのが問題点と言えます。いかにセキュリティレベルを高めるかも今後の課題となるでしょう。

ネットワークトラブル時の対応

自動運転で注意しないといけないのがネットワークトラブル時の対応です。通信環境が整って成立する自動運転において、もしもネットワークトラブルになった場合、完全な自動運転から運転手が運転しながら補助的なサポートを行う状態に一時的にダウングレードするなどの対応も必要となるでしょう。

ネットワークトラブルは決して珍しいことではなく、近年はたびたび起きている話です。サーバーの不具合を始め、定期的に起こりやすいトラブルだからこそいかに対策を立てるかも注目すべき点です。

まとめ

自動運転にすることで間違いなく私たちの生活は楽になり、ストレスはある程度軽減されます。誤作動などで暴走するのではないかという懸念こそありますが、それ以上に交通事故の存在などを考えると、誤作動による暴走よりもヒューマンエラーによる事故の脅威の方が大きく、自動運転でヒューマンエラーを減らせるのであれば、そのメリットの方が大きいと言えます。

もちろん、自動運転で万が一事故を起こした場合の責任の所在をどうするかという点での議論は必要です。法整備を含めた議論は今後活発に行われるべきでしょう。

生成AIパスポートとは?

生成AIパスポートはエンジニア職だけでなく一般の方向けの資格です。

生成AI業界における最前線を走っている有識者たちに監修された資格試験で、最先端の確実な知識や簡易的な活用スキルを身につけることができる認定試験・資格です。

試験を通じて、文章生成をすることができるChatGPTなど、AIを活用したコンテンツ生成の具体的な方法や事例に加え、企業のコンプライアンスに関わる個人情報保護、著作権侵害、商用利用可否といった注意点などを学ぶことができます。

生成AIの活用普及を目的とした、国内最大級の生成AI団体である、一般社団法人生成AI活用普及協会(GUGA)が発行する認定試験です。

詳細はこちら

生成AI
パスポート試験

生成AIパスポート試験のご案内はこちら

View More
入会のご案内

当協会の活動趣旨にご賛同いただける方

View More
お問い合わせ

当協会に関する質問やお問い合わせはこちら

View More