最新ニュース

医療AIとは?医療分野でできることやAIを活用するメリット・デメリット、最新の活用事例を徹底解説!

2023.12.27
医療ai

医療現場では、スムーズな判断や精度の高い診断・手術などが求められており、日々進歩し続けています。

医療AIは、そんな医療現場を支援してより高い医療技術を提供することができる大切な要因の1つです。

今回は、医療AIが医療分野でできることやAIを活用するメリット・デメリット、活用事例について徹底解説します。

医療AIとは?

医療ai

医療AIとは、医療にAI技術を応用したものです。

AIには、機械学習や自然言語処理などのさまざまな技術があるので、医療現場で欠かせないデータ分析や診断、業務を効率化・向上させることが可能です。

さらに、人員不足によって過疎化している地域の医療を発展させることにも貢献するので、現在高い注目を集めています。

今後、医療AIが普及していけば、対応できる業務量や患者数の増加や医療技術の向上に繋がります。

医療分野でできること

医療ai

AIを医療分野で活用することによって、医療現場で抱えているさまざまな問題を解決させたり医療技術の向上を期待できます。

そんな医療AIは医療分野で具体的にどのようなことができるのか気になります。

ここでは、医療AIが医療分野でできることについて解説します。

ゲノム医療

ゲノム医療とは、患者の遺伝子情報を解説するゲノム解析技術を用いて、疾患・病気の発見・治療を行うことです。

このゲノム医療は、約30億以上あるゲノム変異を解析しなければいけないので、人間の手作業のみでは行えません。

しかし、AIが膨大なゲノム変異のデータを解析して医療に応用できるようになれば、ゲノム解析をスムーズに行えるようになります。

そのため、病気の早期発見や治療方針の判断材料にすることが可能です。

画像診断

画像診断は、主にレントゲンやMRIで病気や怪我を発見する診断方法です。

この画像診断は医療AIが得意な領域の1つでもあり、AIは画像認識によって多くの異常部位や肉眼では見逃してしまう箇所を正確に発見することができます。

さらに、医師による診察とAIによる診察の二重チェックによって、より精度の高い診断が可能です。

診断・治療の支援

AIは、画像認識による画像診断や自然言語処理による論文や医療情報の収集・分析が行えます。

そのため、日々大量の情報を収集・分析しなければいけない医師の負担を大幅に削減し、効率的でスムーズな診断・治療が可能です。

さらに、AIを活用したオンライン診断の普及によって、1日で対応できる診断・治療件数も増加させられます。

また、医療の地域格差や医師不足などを改善させることにも繋がります。

手術の支援

AI技術を搭載した医療機器を活用することで、患者への負担が少ない優れた手術を行うことが可能です。

さらに、AIによる補助によって医師1人あたりの負担も減らすことができるので、これまで以上に効率的で精度の高い医療を多くの患者に提供できます。

現在、日本国内の若手外科医は人材不足に陥っているので、以上のようなAI技術を用いた手術は、とても高い注目を集めています。

新薬の開発

新薬の開発では、AIが持つ機械学習を活用することができます。

新薬を開発するために必要な膨大なデータをAIが効率的に収集・分析することで、効率的な新薬の開発が可能です。

日本は世界でも有数の新薬を開発できる技術を持っている国なので、AI技術の活用によってさらに技術が向上していくことが予想されています。

また、薬品価格の引き下げ実用化までの期間縮小にも繋がります。

医療AIを活用するメリット

医療ai

医療AIは、医療分野でできることがとても多く、年々医療現場で活用される事例も増加し続けています。

さらに、今後医療AIの活用が進むことで、日本の医療技術は大幅に向上することでしょう。

ここでは、医療AIを活用するメリットについて解説します。

業務効率化になる

医療AIは、診断・治療・手術の支援や医療データの収集・分析などを行うことができます。

さらに、AIを活用することで、医療業務の効率化・自動化も進めることができるので、医療従事者1人に対する業務負担を軽減させることが可能です。

その結果、医師や看護師が一度に行える業務量や質が向上して、コスト削減や医療技術向上に繋がります。

医療の精度が向上する

AIを使った画像診断やゲノム解析、治療によって、これまで時間のかかっていた治療や手術を効率化させることができます。

さらに、AIと医師による二重チェックによって、より精度の高い診断を行えるようになるので、病気や怪我の早期発見や低負担な手術・治療の提供が可能です。

また、AIの活用が増加するごとに、AIの精度も向上していきます。

地域格差が減る

都市部であれば医療が充実しているので、誰でも気軽に病院を利用することができますが、過疎化が進んでいる地域では気軽に病院に行けないことも多いです。

しかし、AI技術によってオンライン医療や人材不足の解消が進むことで、少人数でも十分に診断・治療を行えるようになったり、気軽に診断を受けられるようになります。

そのため、医療AIは社会問題にもなっている地方の医師不足や医療格差の改善に貢献します。

医療AIを活用するデメリット

医療ai

医療AIを活用することで、さまざまなメリットを得ることができますが、反対にデメリットもいくつか存在します。

そのため、医療AIの導入を進めていくことを検討している場合は、しっかりとデメリットも理解しておくことが大切です。

ここでは、医療AIを活用するデメリットについて解説します。

コストがかかる

AIを医療現場で活用することで、さまざまなメリットがありますが、AI導入にはコストがかかります。

さらに、AIシステムを導入・運用するためのスキルや費用、メンテナンスのための費用などがとても高いです。

そのため、AIシステムなどを導入するためのコストが不足している医療機関にとっては、AI技術の活用は難しい状態です。

誤作動が起きる

AIを活用することで、精度の高い診断や治療、手術を実現させられますが、誤作動が起きる可能性も十分にあります。

実際に、学習させるデータ量が不足している場合やAIを搭載した機器の故障によって、誤った診断・治療をしてしまうことも考えられます。

さらに、故障によって正常に機能しなくなってしまう可能性も高いです。

そのため、医療AIを活用する場合でも、医師による確認や判断は欠かさずに行うようにしましょう。

大量のデータが必要

AIは、機械学習によって膨大なデータを収集・分析し、医療現場で活躍することができます。

そのため、医療AIを十分に活用するためには、最初に膨大なデータを与えて学習させなければ行けません。

また、多くの個人情報が含まれているデータも用意する必要があるので、個人情報保護や学習コストなどを意識しておくことが大切です。

医療AIの活用事例

医療ai

医療AIは、実際にさまざまな医療分野で活用されており、多くの医療現場の支援を行っています。

ここでは、医療AIの活用事例を主に4つ解析します。

AIによる画像診断

AIによる画像診断は、医療AIの代表的な活用事例です。

AIの画像認識を活用して、レントゲンやMRIなどの画像診断精度を向上させることで、病気や怪我の早期発見や見逃し予防に繋がります。

さらに、ディープラーニングを行ったAIの画像診断技術はとても精度が高いので、今後も多くの医療現場で活用されていくことでしょう。

オンライン診断

オンライン診断は、AIを活用した医療アプリやサイトを活用することで、効果的に行えます。

病気や怪我でなかなか病院に行けない患者や近所に病院がなくなかなか通えない方でもオンライン診断によって問題なく医師の診断を受けることが可能です。

医療器具へのAI搭載

医療器具にAIを搭載することで、これまで以上に精度の高い手術を行うことができます。

精度の高い手術によって最小限の負担で患者の手術を行えたり、心電図モニターにAIを搭載することで心疾患の早期派遣を実現させられます。

そのため、医療器具へのAI搭載も今後医療現場で活用事例が増加し続けることでしょう。

AI処方

医師の診断によって処方される薬は、病状や患者の状態によってさまざまです。

そのため、患者ひとりひとりに対して医師の正確な判断を行い、効果的な薬を処方することが必要になるので、医師の負担が高まります。

しかし、AI処方では患者の健康状態や薬のデータなどを分析して、最適な薬の薬の処方が可能です。

そのため、これまでに以上に精度が高くスピーディな薬の処方が行えるようになります。

医療AIの課題

医療ai

医療AIは今後、多くの医療現場での活用が進んでいくことが予想されていますが、現状ではさまざまな課題もあります。

主な課題には、以下のものが挙げられます。

AIは、現在さまざまな業界で導入されていますが、まだ完璧な技術ではありません。

さらに、医療業界では多くの患者の個人情報を取り扱っているので、簡単にデータ活用することが難しい状態です。

そのため、医療AIを多くの医療現場で活用していくためには、以上のような課題を解決させていく必要があります。

医療AIの未来について

医療ai

AI技術や医療技術は、年々急速に発展し続けているので、医療AIの実用化も急速に普及していくことが予想されています。

実際に、画像診断やゲノム解析、データ収集・分析などでは、AI技術を活用することが多いです。

また、医療従事者の人材不足や地域格差の改善にも大きく貢献するので、将来的に医療AIの需要はとても高まることが期待されています。

まとめ

医療ai

医療AIには、医療分野でできることや活用するメリットが多くあるので、人材不足や地域格差が深刻化している医療業界を支える大切な要因の1つです。

ただ、現状ではさまざまな課題もあるので、医療AIの活用にはそれらの課題を解決させていくことが重要になってきます。

そのため、今後AIや医療技術の発展や医療AIの活躍に期待しましょう。

生成AIパスポートとは?

生成AIパスポートはエンジニア職だけでなく一般の方向けの資格です。
生成AI業界における最前線を走っている有識者たちに監修された資格試験で、最先端の確実な知識や簡易的な活用スキルを身につけることができる認定試験・資格です。

試験を通じて、文章生成をすることができるChatGPTなど、AIを活用したコンテンツ生成の具体的な方法や事例に加え、企業のコンプライアンスに関わる個人情報保護、著作権侵害、商用利用可否といった注意点などを学ぶことができます。

生成AIの活用普及を目的とした、国内最大級の生成AI団体である、一般社団法人生成AI活用普及協会(GUGA)が発行する認定試験です。

詳細はこちら

生成AI
パスポート試験

生成AIパスポート試験のご案内はこちら

View More
入会のご案内

当協会の活動趣旨にご賛同いただける方

View More
お問い合わせ

当協会に関する質問やお問い合わせはこちら

View More