最新ニュース

セマンティック検索とは?仕組みや意味、メリットについてわかりやすく徹底解説!

2024.1.31
セマンティック検索

検索エンジンは、日々多くのユーザーがさまざまなキーワードを検索しており、年々複雑化しています。

そのため、そんな複雑化した検索キーワードに対応してユーザーの満足度を向上させるための技術として「セマンティック検索」が導入されました。

今回は、セマンティック検索の概要や仕組み、意味やメリットについてわかりやすく徹底解説します。

セマンティックとは?

セマンティック検索

セマンティックとは、主に「意味」「意味論」という意味の言葉です。

IT業界では「データが持つ意味をコンピューターに理解させて処理する技術」という意味で用いられます。

このセマンティックは形容詞なので、セマンティック単体で使われることはなく「セマンティック検索」のように言葉を組み合わせて使われることが多いです。

セマンティック検索とは?

セマンティック検索

セマンティック検索とは、検索エンジンにユーザーの検索意図・意味をくみ取って最適なコンテンツを提供する技術のことです。

セマンティック検索を用いた検索エンジンによって、これまで以上に検索効率を向上させることができます。

セマンティックWeb

セマンティックWebとは、World Wide Web(WWW)を考案したティム・バーナーズ・リーによって提唱された概念のことです。

主に、コンピュータが自動的にWebサイトの情報収集や分析を行う構造のものであり、ユーザーがブラウザを閲覧した時に見やすくするために開発されました。

セマンティック検索は、セマンティックWebで開発された技術の1つです。

セマンティック検索の重要性

セマンティック検索は、検索エンジンの利用頻度の増加や検索クエリの複雑化に対応するために重要な技術の1つです。

複雑化された検索クエリや新たに誕生するキーワードによって、ユーザーの目的としている情報に辿り着くことが難しくなっています。

そのため、セマンティック検索によって検索の精度を向上させることは、ユーザーの満足度を向上させるためには、必要不可欠です。

近年では、AIが検索エンジンに活用されたことで、検索エンジンのパフォーマンスは大幅に向上し、セマンティック検索も導入されました。

Googleの理念について

Googleは、ユーザーを第一に考えるという理念があります。

ユーザーを最優先に考えて検索エンジンの改良や仕組みを構築することで、ユーザー数が増加し、Googleの最も大きな収入源である広告収益を増加させることが可能です。

そのため、ユーザーにとって利便性が高く価値の高いコンテンツが提供できるものにするために、Googleは日々アップデートを行っています。

セマンティック検索による検索パフォーマンスの向上は、そんなGoogleの理念の一環の1つです。

セマンティック検索の仕組み

セマンティック検索

セマンティック検索は、ユーザーが検索エンジンで検索したキーワードからAIがその検索意図や目的を理解することで、最適なコンテンツを提供する仕組みです。

これまでは、検索エンジンで検索したキーワードに関連するコンテンツが提供される仕組みでしたが、検索クエリの複雑化やユーザーの増加に伴いそれだけでは不十分になりました。

セマンティック検索では、検索エンジンが素早くWebサイトの内容を把握するために構造化データマークアップという専用コードが用いられています。

このコードによって、ユーザーの検索意図や目的をくみ取り最適なコンテンツを提供することが可能です。

セマンティック検索とあいまい検索との違い

あいまい検索とは、検索クエリと一致しているデータではなく類似しているデータを検索する技術のことです。

セマンティック検索と同じ意味として捉える方がいますが、意味は異なります。

さらに、セマンティック検索はあいまい検索では行えない検索キーワードの構造解析や意味解析を行うことが可能です。

そのため、セマンティック検索とあいまい検索は、それぞれ別の技術であることを理解しておきましょう。

セマンティック検索以外の検索技術

セマンティック検索

検索技術には、セマンティック検索やあいまい検索以外にも主に以下のような技術があります。

ここでは、セマンティック検索以外の検索技術について解説します。

ベクトル検索

ベクトル検索とは、ユーザーに関連性の高いコンテンツを提供したり高速で検索結果を表示する技術のことです。

主に、ディープラーニングを活用してデータの意味と文脈を把握することで実現している技術であり、セマンティック検索と同義で扱われている検索技術になります。

そのため、セマンティック検索とベクトル検索は同じ技術として理解しておきましょう。

ハイブリッド検索

ハイブリッド検索とは、2つ以上の異なる検索技術を組み合わせた検索技術のことです。

基本的には、キーワード検索とベクトル検索を組み合わせたものをハイブリッド検索として定義しています。

ハイブリッド検索を用いるメリットとして、精度の高いキーワードの明確化とベクトル検索の柔軟性を両方併せ持つことができます。

そのため、高い精度での検索を実現するために活用されてる検索技術の1つです。

セマンティック検索のメリット

セマンティック検索

セマンティック検索が検索エンジンに導入されたことで、ユーザーにはさまざまなメリットがあります。

ここでは、セマンティック検索のメリットについて解説します。

ユーザーにとって有益なコンテンツが増加する

セマンティック検索

セマンティック検索の最も大きなメリットとして、ユーザーにとって有益なコンテンツが増加することがあります。

ユーザーの検索意図や意味をくみ取り最適なコンテンツを提供することができるので、検索エンジンの利便性や有益性は大幅に向上します。

これまで見つけることのできなかったコンテンツであっても、セマンティック検索によって簡単に見つけることが可能です。

そのため、これまでインターネットを不便に感じてたユーザーも積極的に検索エンジンを利用するようになることでしょう。

SEO対策が通じにくくなる

セマンティック検索

検索結果を上位表示させるためのテクニックにSEO対策があります。

このSEO対策を行うことで、Webサイト運営者は自社サイトを上位表示させてアクセス数を向上させることが可能です。

そのため、サイト運営者にとっては広告収益やアクセス数の向上などさまざまなメリットがあります。

しかし、閲覧しているユーザーにとっては必ずしも最適なコンテンツであるとは限らないので、あまりメリットではありません。

場合によってはSEO対策されたWebサイトばかりで、ユーザーに最適なコンテンツが埋もれてしまうリスクもあります。

セマンティック検索が導入された検索エンジンでは、半端なSEO対策では通じにくくなるので、ユーザーが本当に求めているコンテンツが提供されやすくなります。

セマンティック検索の活用事例

セマンティック検索

セマンティック検索の活用事例には、主に以下4つがあります。

ここでは、以上4つのセマンティック検索の活用事例について紹介します。

リッチスニペット

リッチスニペットとは、テキストで表示されているデータに画像やレビューなどの詳細情報が追加されているものです。

リッチスニペットがあることによって、検索エンジンのユーザーはある程度Webサイトの情報を把握することができるので、アクセスするサイトをある程度判断できます。

そのため、検索エンジンを便利に利用するために活用されている重要な事例です。

ナレッジグラフ

ナレッジグラフとは、特定のキーワードを検索した時にそのキーワードに関連した情報を表示することです。

セマンティック検索で、ユーザーの検索意図をくみ取ることで、実現させることができています。

このナレッジグラフは、Web上にある膨大なデータを分析して自動生成されているので、キーワードごとに表示される情報も大きく異なります。

アンサーボックス

アンサーボックスとは、キーワードの検索結果に加えてそのキーワードの答えとなる情報も表示できます。

例えば、「去年の7月11日」と検索した時にその日に関する検索結果だけではなく、その日が何曜日だったのかを表示します。

このアンサーボックスも、セマンティック検索である程度ユーザーの目的を分析することで、実現することが可能です。

そのため、多くのユーザーははっきりとしたキーワードで検索しなくても最適なコンテンツに辿り着くことができます。

類義語を太字で表示

類義語を太字で表示とは、特定のキーワードを検索した時に検索したキーワードの類義語が太字で表示されている状態を見たことのあるユーザーは多いと思います。

例えば、「車」と検索した時に「車検」や「中古車」などのキーワードが類義語として太字で表示されるなどです。

この機能も、セマンティック検索で検索したことによって表示されている事例の1つです。

類義語が太字で表示されていることによって、ユーザーは自分に最適なコンテンツに辿りつきやすくなります。

まとめ

セマンティック検索は、ユーザーが効率的に目的のコンテンツに辿り着くために欠かせない技術の1つであり、現在GoogleやYahooなどの検索エンジンには搭載されています。

この技術によって、複雑化した検索クエリにしっかり対応することができるようになるので、検索エンジンの利便性は大幅に向上しました。

GoogleやYahooなどの検索エンジンを頻繁に利用している方は、意識して表示形式を見てみてください。

生成AIパスポートとは?

生成AIパスポートはエンジニア職だけでなく一般の方向けの資格です。

生成AI業界における最前線を走っている有識者たちに監修された資格試験で、最先端の確実な知識や簡易的な活用スキルを身につけることができる認定試験・資格です。

試験を通じて、文章生成をすることができるChatGPTなど、AIを活用したコンテンツ生成の具体的な方法や事例に加え、企業のコンプライアンスに関わる個人情報保護、著作権侵害、商用利用可否といった注意点などを学ぶことができます。

生成AIの活用普及を目的とした、国内最大級の生成AI団体である、一般社団法人生成AI活用普及協会(GUGA)が発行する認定試験です。

詳細はこちら

生成AI
パスポート試験

生成AIパスポート試験のご案内はこちら

View More
入会のご案内

当協会の活動趣旨にご賛同いただける方

View More
お問い合わせ

当協会に関する質問やお問い合わせはこちら

View More