最新ニュース

テキスト生成AIとは?仕組みやできること、メリット・デメリットから注目されている理由まで徹底紹介!

2023.11.30

最近、話題になっているAIの1つにテキスト生成AIがあります。文章を作れることは知っていても、詳しいことはわからないという方も中にはいるでしょう。

そこで、テキスト生成AIで代表的なChatGPTを例に出しながら、AIの仕組みや使用事例、メリット・デメリットについて解説します。

この記事を読めば、テキスト生成AIが何に活用できるのか知ることができるでしょう。

テキスト生成AIとは何か

テキスト生成AIとは、AI技術を活用し、文章を生み出すことに特化したシステムを指します。よく知られるChatGPTは、対話型のAIです。

他にも、PDFやサイトURLなどを指定して文章要約するChatGPTを活用したAI、小説や歌詞を書くことに特化したAIもあります。

以上を使ってさまざまな文章を作ることができるのです。

AIの意味

ごく当たり前に「AI」という言葉を使用していますが、そもそもテキスト生成AIの「AI」(Artificial Intelligence)は、日本語で「人工知能」と呼ばれるものです。

さまざまな研究テーマがある中で、テキスト生成や会話応答の技術に焦点を当てたのがテキスト生成AIといえます。

AIに関連して、ChatGPTのAIに使われているニューラルネットワークの技術は、人間の脳の情報処理を真似ており、ニューロンの作用を数理モデルで表現したものです。

2023年現在ではテキスト生成AIに広く利用されています。

テキスト生成AIの仕組みと

テキスト生成AIの仕組みは、翻訳などにも使われている自然言語処理技術を応用した技術です。

「大規模言語モデル」と呼ばれるデータセットを用いて学習し、AIから文章を生み出せるように調整しています。

テキスト生成AIが話題な理由

ChatGPTの登場を皮切りに、一気に注目を集めて話題となったのがテキスト生成AIです。なぜ話題となったのかといえば、従来のテキスト生成AIでは実現しなかった自然な文章の返答が可能になったからといえるでしょう。

もちろん、過去に登場したテキスト生成AIでも、文章を生み出すこと自体はできました。しかし、質問内容を反映していなかったり、文脈を無視した異なる内容を入れたり、助詞や文法のおかしな文章ができ上がったりするなどして、現実的には使い物にならなかった経緯があります。

そのため、ChatGPTが真っ先に自然な言葉を生み出せるようにして話題を集めたのです。

実際、同時期にテキスト生成AIを開発していたGoogleのBardは、ChatGPTのように文章の生成が上手くいかずに、正式なリリースが大きく遅れます。

ChatGPTが成功したことで、他の開発会社への刺激にもなったのです。短期間に他のテキスト生成AIのリリースが続き、2020年代前半はテキスト生成AIが注目を集めたといえます。

テキスト生成AIの活用例

テキスト生成AIは、さまざまな場面で活用されています。

など

企業や行政での活用も始まっており、適切な文章を生成できるように場面に応じたプロンプトが重視されているのです。そこで、プロンプトエンジニアなどがすでに海外の企業で活躍しています。

プロンプトエンジニアが行う「プロンプトエンジニアリング」とは、正しく出力するためにプロンプトを設計・改善するプロセスのことです。

テキスト生成AIの知識だけでなく、プログラミングやエンジニアとしての知識・技術も必要になる場合が多く、日本でもAI活用を進めたい企業に今後必要になるスキルと人材でしょう。

テキスト生成AIを利用するメリット

テキスト生成AIには次のようなメリットがあります。

文章を作成する時間を短縮できる

まずは、文章の作成にかかる時間を減らせることです。必要な指示・プロンプトで自動的に文章を作り出すため、自分で文章を書く手間が最小限になります。

特に文章の繰り返し出力に強く、人的ミス(誤変換やタイプミス)が起きにくいのもメリットです。

簡単な文章や会話なら読み直しだけでファクトチェックなども必要なくなるでしょう。

そのため、日常メッセージの送信や課題の文章作り、会社・業務で利用するなら仕事の文章作成にかかる時間も短くできます。

要約、検索、抽出作業が効率化する

簡単な文章は、要約やデータの抽出を自分で行えます。

しかし、文章量が多いテキストデータ(長文のPDF、資料、電子書籍・論文のデータなど)は気軽に要約して、中身のデータを抽出することはできません。

テキスト生成AIの一部には、これらの作業を簡単に行えるAIツールが提供されており、文章を1から生み出すこと以外も可能です。

文章代行作成の依頼費用を抑えられる

スキルの必要なコピーライティングやホームページの文章作成は、代行業者に依頼することも珍しくありません。

テキスト生成AIは外部に文章作成を依頼することなく、コンテンツを用意することができます。

文章を上手く書けない人でもテキスト生成AIなら簡単な編集のみで質の高い文章を用意することが可能でしょう。

テキスト生成AIのデメリット・注意点

上記のとおり、テキスト生成AIは、短期間に自然な文章を作成することができます。

しかし、テキスト生成AIには多くの課題が残されているのです。

そのため、以下のようなデメリットや注意点に気をつける必要があるでしょう。

正しい内容、正確な文章になるとは限らない

テキスト生成AIは、生成した文章の正確性が保証されているわけではありません。使用する際に、文章(文法)や内容が「正確ではない可能性」を考える必要があります。

特に業務では、間違った情報を発信するのは問題となることもあるため、必ずファクトチェックが必要でしょう。

なぜ内容が事実と違う文章が生み出されるのかといえば、テキスト生成AIはあくまでも次の単語や言葉を予測して選んでいるにすぎないからです。

AI自体は内容そのものを理解しているわけではなく、予測の繰り返しで文章ができ上がります。

テキスト生成AIが答えた内容は正しいと思いこんでしまうと、本来行われるべき個人のチェックが働かず、さらにその文章を見た人は間違った情報を鵜呑みにすることです。

特に医療や薬品取扱など、第三者に伝達する情報の正確性が必要なケースでは、細心の注意を払いましょう。

データを学習した時期に出力内容が影響を受ける

テキスト生成AIは、学習を終えたタイミングで情報を完結させるため、出力内容の時間がそこで止まってしまいます。

例えば、テキスト生成AIで代表的なChatGPT-3は、2021年の学習で止まっていることは有名です。

それ以降の新しい情報やデータを持っておらず、時系列に関連することを質問しても答えることができません。

もちろん、BingAIのようにWEBをサーチして回答に反映することもできますが、検索エンジンの情報元をそのまま引っ張ってくることにもなるでしょう。

そのため、文章を使うという意味では、業務でそのまま利用しにくいのです。この点も利用時に押さえておく必要があります。

文字数の制御が難しい

文章は決まった文字数を指定した場合、上手く制御することができません。例えば、ChatGPT(ChatGPT-3とChatGPT-4)は、文字数を指定しても、その数字の通りに書くことは難しいのが現実です。

ChatGPTは全体を先に設計して文章を書いているわけではなく、予測しながら文の続きを出力していることが影響しています。

また、長文を作成することも難しいでしょう。ChatGPTの場合、似たような内容を繰り返して、新しい情報を含めずに文字数をかさ増しすることが行われます。

そのため、読み手が内容を理解しながら読み進めると、明らかに同じ内容が反復されて、ふくらませるべき内容が存在しないことが分かります。

応答して会話を楽しむ場合には良いですが、具体的に文章を書かせて業務に取り入れる場合は、テキスト生成AIでの長文作成は、AIのみで完結して使用することはできないでしょう。

同じ内容を取り除けば結局、指定の文字数には達しないのです。

他のAIでも別の内容を加えたりして、文字数を稼ぎますから、できることの限界が以上の点からも把握できます。

おすすめのテキスト生成AI10選

テキスト生成AIについて特徴やメリット、注意点がわかったところで、今度は利用したいおすすめのテキスト生成AIを紹介します。

ChatGPT

ChatGPTは、OpenAIが提供しているテキスト生成AIです。

自然な文章を返すシステムの開発に成功し、テキスト生成AIの革新を起こしたことで知られています。日本語を含めて、さまざまな言語に対応しているでしょう。

APIによるツール利用も増えており、企業や行政が業務に取り入れる代表的なテキスト生成AIです。

使用時には、ChatGPTへのログイン利用だけでなく、スマホ(Android、iPhone)のアプリ、各種ブラウザ・オンラインツールを通じても利用できます。

GoogleBard

GoogleBardは、Googleが開発した自然な文章を生成するためのAIモデルです。

複数の言語に対応しており、日本版も存在します。開発元の影響を受けて、Googleの検索結果による各サイトの内容が出力結果に含まれていることには注意が必要です。

複数案の提示が最初から行われるため、ツールサービスで複数案を出力する仕様を付け足さなくても、文章内容を比較検討できます。

また、具体的な指摘やアドバイスにも強く、会話や文章作成、プログラミングのコード作成にも使うことができます。

BingAI

BingAIは検索エンジンのBingにAI機能を組み込んだものです。最新のChatGPT-4を搭載し、無料で利用できるため、確度の高い情報提供ができます。

BingAIはBingの検索エンジンと連携し、最新の情報を参照して回答するのも特徴です。情報ソースも明記されるため、ファクトチェックもしやすくなっています。

ただし、BingAIを使用するためには、原則として「Edge」というMicrosoftの専用ブラウザを導入する必要があるでしょう。

他にも下記のようなテキスト生成AIがあります。

以上は詳細を割愛しますが、いずれも文章を作り出すことに特化しているため、他のAIを試してみたい方におすすめです。

まとめ

今回は、テキスト生成AIの特徴やメリットデメリットについて解説しました。テキスト生成AIは自動で文章を書いたり、コードを組んだりするのに使えます。

特にメリットとして文章作成の時間が減ることや単純な作業をこなすこと、要約・抽出する作業に向いているのです。

しかし、出力した文章の内容が正しいかの判断はチェックが必要となるでしょう。特に、長文生成の場合は、文字数を稼ぐ傾向にあります。

似た内容を繰り返す、質問から少し外れた別の内容を展開するなど、これらのケースは要注意です。以上、プロンプトの改善だけでは解決しない課題も多くあります。

以上を踏まえて、上手くテキスト生成AIを活用しましょう。

生成AIパスポートとは?

生成AIパスポートはエンジニア職だけでなく一般の方向けの資格です。
生成AI業界における最前線を走っている有識者たちに監修された資格試験で、最先端の確実な知識や簡易的な活用スキルを身につけることができる認定試験・資格です。

試験を通じて、文章生成をすることができるChatGPTなど、AIを活用したコンテンツ生成の具体的な方法や事例に加え、企業のコンプライアンスに関わる個人情報保護、著作権侵害、商用利用可否といった注意点などを学ぶことができます。

生成AIの活用普及を目的とした、国内最大級の生成AI団体である、一般社団法人生成AI活用普及協会(GUGA)が発行する認定試験です。

詳細はこちら

生成AI
パスポート試験

生成AIパスポート試験のご案内はこちら

View More
入会のご案内

当協会の活動趣旨にご賛同いただける方

View More
お問い合わせ

当協会に関する質問やお問い合わせはこちら

View More