最新ニュース

AI予測とは?なぜ必要?仕組みやメリット・デメリット、導入事例を初心者向けにわかりやすく解説!

2023.12.28
AI予測

AI技術の普及が急速に進んできており、さまざまなAI技術を活用したサービスやシステムが提供されています。

AI予測も、そんなAI技術を活用したサービスの1つであり、現在多くの分野で導入されている状況です。

今回は、AI予測の必要性や仕組み、メリット・デメリットや導入事例について初心者向けにわかりやすく解説します。

AI予測とは?

AI予測

AI予測とは、AIを活用してデータ分析を行い未来の事象や動向などを予想する技術のことです。

AIに過去のデータを与えることで、そのデータの傾向やパターンなどを学習させることができ、その学習結果に応じて未来のデータを予測します。

そのため、人間の経験や感覚などを頼りにした予測よりも精度の高いデータ予測が可能です。

実際に、このAI予測はさまざまな分野での活用が進んでいます。

AI予測の仕組み

AI予測

AI予測は、機械学習でAIに大量のデータを与えることで実現している技術です。

例えば、AIに株価予測をしてもらいたい時は、過去の株価変動のデータを与えることで、その株価変動の傾向やパターンを分析して、その結果に応じた予測をしてくれます。

また、AIは機械学習を繰り返し行うことで、さらにデータ分析の精度が高くなるので、AI予測は活用するほど精度の高い未来データの予測が可能です。

そのため、AI予測の精度は、現在急速に向上し続けています。

AI予測が必要な理由

AI予測

AI予測は、さまざまな問題を解決させるために、とても重要な技術です。

主に、企業の経営課題や集客率の向上、市場分析などは、過去のデータを活用することで戦略を立案したり改善策を実施することができます。

以上のような分野にAI予測を活用することによって、これまで以上に精度の高い戦略や改善策を実施できるようになり、企業価値や顧客満足度の向上に貢献します。

さらに、新規のサービスや事業を立ち上げる場合でも、AI予測を用いることで正確なデータからスケジュールや戦略の立案・管理が可能です。

そのため、現在多くの業界の企業に落ちて、AI予測の需要は急速に向上しています。

AI予測が活用しやすい分野

AI予測が活用しやすい分野には、主に以下のものがあります。

AI予測を活用することで、以上のような分野で効果的に活用することが期待されています。

また、過去のデータを大量にAIに与えることで、AIは機械学習によって未来データを予測できます。

そのため、以上の分野以外にも幅広い分野で活用されるようになるでしょう。

AI予測でできること

AI予測

AI予測を活用することで、主に以下のようなことができます。

以上のようにAI予測では、ビジネスから医療、公共交通まで幅広い分野のデータを予想することができます。

さらに、与えるデータによってAI予測の精度は向上していくので、今後さらに正確に予測できるようになるでしょう。

AI予測のメリット

AI予測

AI予測には、さまざまなことができ、多くの分野での活用が期待されています。

そんなAI予測には、具体的にどのようなメリットがあるのか気になる方も多いです。

ここでは、AI予測のメリットについて解説します。

蓄積したデータを活用できる

AI予測は、蓄積したデータを活用できます。

例えば、老舗企業がこれまでに蓄積した膨大な過去データなどを活用してAI予測を行うことで、とても精度の高い予測が可能です。

さらに、その時系列ごとの変化から時代と共にどのように変化してきているのか分析して、今後の変化動向を予想することもできます。

そのため、具体的なデータに基づいた集客、マーケティング活動や戦略立案が可能になり、事業を発展させていくことが可能です。

正確な需要予測ができる

AI予測は、需要の変化を予測することも可能です。

新しく販売したい商品や再販したい商品がある場合に、AI予測を活用して需要予測を行うことで、どれだけの売上が見込めるか事前に調査できます。

そのため、製造する在庫数を決めることができ、在庫が余ったり在庫不足になる心配が少なくなります。

また、必要最低限のコストのみを使って商品の販売が行えるので、利益率の向上や業務効率化など、多くのメリットを期待することが可能です。

意思決定が早くなる

企業では、迅速な意思決定はとても重要ですが、なかなか戦略や対策が決定せずに意思決定が遅れてしまうケースは少なくありません。

AI予測では、自社情報から競合他社の情報、市場動向や社会情勢などのさまざまなデータを分析して正確な判断が可能です。

人間だけでは、以上のような膨大な情報を収集・分析して、迅速な意思決定をすることは、ほとんど不可能に近いです。

そのため、データに基づいた正確な意思決定を迅速に行えるようにするためには、AI予測を活用することがとても重要になります。

最適な計画を立てられる

AI予測は、最適な計画を立てる場合にも効果的です。

企業のマーケティングや在庫管理、店舗運営のための計画は、立案してから実行するまでの期間が長くなることが多くあります。

さらに、実行した後も多くのトラブルや経営方針などによって変更されていく可能性があります。

AI予測では、計画を立てる段階で、さまざまな要因を考慮した上で最適なものを立案することが可能です。

そのため、途中で変更することもなくスムーズに計画を進められるようになり、業務効率化やコスト削減に貢献します。

AI予測のデメリット

AI予測

AI予測には、デメリットもいくつか存在しているので、AI予測を活用していく場合は、デメリットも理解しておくことが大切です。

ここでは、AI予測のデメリットについて解説します。

大量のデータが必要

AI予測を行うためには、大量のデータが必要になります。

例えば、企業の意思決定を迅速に行うためには、自社情報から競合他社の情報、市場動向や社会情勢などのさまざまなデータを分析して正確な判断が必要です。

しかし、それらの大量のデータを収集するためのコストが十分にない場合は、限られたデータのみで分析をしなければいけなくなります。

AI予測は、学習できるデータが多いほど予測の精度が高くなるので、少量のデータではあまり高い効果を期待できません。

そのため、AI予測を活用する場合は、大量のデータを収集することが大切です。

AIやデータを扱える人材が必要

AI予測は、AI技術を活用した技術なので、AIやデータに関する専門的な知識を持った人材が必要です。

自社内にAIやデータの専門人材がいない場合は、外部から確保するか自社内の人材を育成して、AI予測が行える環境にしなければいけません。

そのため、AI予測を行うために必要な人件費や教育費などのコストがかかります。

これからAI予測を活用することを検討している企業は、以上のことも理解しておきましょう。

AI予測の導入事例

AI予測

AI予想は、さまざまな分野での導入が進んでおり、多くの企業や人々を支えています。

そんなAI予測は、具体的にどのようなことに導入されているのか気になります。

ここでは、AI予測の導入事例を主に4つ紹介します。

小売業

AI予測

小売業では、需要予測にAI予測が活用されています。

過去の販売データや在庫データから今後販売を行う商品の需要を予測して、最低限の生産コストに抑えることができます。

さらに、適切な在庫管理を行うことで、業務効率化やコスト削減などを期待することが可能です。

そのため、在庫不足や在庫余りなどのリスクを防ぎ、利益率の向上や顧客満足度の向上にも繋がりました。

物流業

AI予測

物流業では、物流需要や最適な配送ルートの予測などを目的にAI予測が導入されています。

これまでにかかった配送時間や配送件数などのデータや物流の需要変動のデータから、効率的な配送ルートの設定や在庫管理を実現しています。

さらに、交通状態や天気などの予測も行うことで、より効率的に配送することが可能です。

そのため、業務量に応じて適切な人員配置やスケジュール管理ができるようになりました。

食品業

AI予測

食品業でも、AI予想は大きく活躍しています。

食品在庫は、鮮度が重要でありほとんどの食品に賞味期限があるので、在庫が余ってしまうと大幅な食品ロスやコスト拡大に繋がってしまいます。

AI予測では、食品ロスを防ぐために需要予測を行い、必要最低限の在庫のみを保有する状態にすることが可能です。

そのため、食品業はAI予測を導入することで、食品ロスや在庫処分にかかるコストを大幅に削減できています。

製造業

AI予測

製造業では、AI予測を使って機械の故障予測や生産管理、生産計画などを効率的に行っています。

製造業では、突然の機械の故障によって生産が中断してしまったり、必要以上に生産してしまうなどのトラブルによって、業務効率の低下やコスト拡大に繋がります。

しかし、AI予測で過去の故障データや生産データを分析することで、未然に以上ようなトラブルを防ぐことが可能です。

まとめ

AI予測は、現在さまざまな分野で活用されており、今後も多くの業界で導入されていくことが予想されています。

さらに、活用するほどAI予測の精度は向上していくので、より精度の高い正確な未来データを予想できるAI予測技術が誕生することでしょう。

生成AIパスポートとは?

生成AIパスポートはエンジニア職だけでなく一般の方向けの資格です。
生成AI業界における最前線を走っている有識者たちに監修された資格試験で、最先端の確実な知識や簡易的な活用スキルを身につけることができる認定試験・資格です。

試験を通じて、文章生成をすることができるChatGPTなど、AIを活用したコンテンツ生成の具体的な方法や事例に加え、企業のコンプライアンスに関わる個人情報保護、著作権侵害、商用利用可否といった注意点などを学ぶことができます。

生成AIの活用普及を目的とした、国内最大級の生成AI団体である、一般社団法人生成AI活用普及協会(GUGA)が発行する認定試験です。

詳細はこちら

生成AI
パスポート試験

生成AIパスポート試験のご案内はこちら

View More
入会のご案内

当協会の活動趣旨にご賛同いただける方

View More
お問い合わせ

当協会に関する質問やお問い合わせはこちら

View More